フレームサイズが合ってない!!ステムを換えてみよう!(ステム交換決意編) - ロードバイク初心者ナビ -

自転車・ロードバイク初心者ナビ クロスバイク自転車生活・あれこれ情報・経験談・体験談

 

もしかして自転車のサイズ身体に合ってない!?ハンドルステムを交換して改善させよう!(交換決意編)

■ 身体に合った自転車は加速が全然違っていた

 

自転車のサドルに座り、ハンドルに手を置くとさほど前傾姿勢を取らなくても良いような気がしていた初心者ナビの主人公。
それって、走行時の姿勢も上体を起こしたまま走れるという事。ラクと言えばラクな姿勢。

 

しかし、ママチャリからすれば楽な乗車姿勢ではあるのかもしれないけれども、ロードバイクやクロスバイクにしたらハンドルの位置は逆に近すぎて、全然本領を発揮できない身体の大きさに合っていないポジションだったのです。

 

高い値段を出してやっとの思いで手に入れた高級スポーツ自転車。
さすがの素人でも乗っているうちになんとなく「あれ???」ってコトもわかってくるようになります。
フレームのサイズ、身体に対して小さかったんじゃないのかな?うぅむ・・・簡単に買い直せるシロモノではないですぞ・・・。
お店の人に「コレがちょうどいいサイズです」と言われるがままに購入した自転車ですが、それを改善するにはどうしたらいいのでしょう?

 

ロードバイクも同じ方法と手順で解決することができます。

 

 

 

 

店員さんの勧めるままに購入・・・それは仕方のないことなんだけど・・・(涙)

■ 手元が近い気がしたのがフレームサイズの違いに気が付いたはじまり。。。

 

どうも乗っていて疲れる気がする・・・。
一生懸命漕ぐのだけど、その力はあまり効率よく速度に結びついていない気がしていました。

 

ある程度、車体慣れした人でないと乗車ポジションが適正かどうかはわからないのが当たり前なのですが、どうやらSサイズフレームのエスケープR2、身長170センチの主人公さんには少し小さかったようです。

足が短い?いやいや、そんなことはどーでもいい。。。。

誰かの足が長くったって他人(自分)には、なーんも関係ない。。。

 

はて、どうしよう。

返品の効かない高価な自転車
けっこう気にして悩む毎日が始まったのです。

 

 

 

 

何が不都合?ロードバイクのフレームサイズが小さいとどうなるもの??

■ 手の引き寄せは大きな補助エンジンだった!

 

これは後から自然に気がついたことなのですが、“自転車”って実は“手漕ぎボート”に似ているんですよ。
深めの前傾のドロップハンドルのロードバイクではクロスバイクより自然に無意識にそのチカラが使われています。

 

手で漕ぐ(オールの)ところが足(ペダル)になっていて、足で踏ん張ってオールを引き寄せるっていう知らない間に働いている見えない力ってのがあるのですね。自転車のフレームサイズが身体の最適ポジションより小さかった場合、深い前傾姿勢をとらなくても漕ぐことはできます。

 

しかし、この状態はボートで言うと、深く遠くの場所にオールを落として大きな推進力に変えているような効率の良い乗り方ではなく、たいして踏ん張りもせずにすぐ近くの水面にオールを入れて手の力だけでちょこちょこオールを回している状態に近いのです。

 

もし、遠くにオールを沈めて足で踏ん張り、思い切り引き寄せるような手漕ぎボートのような漕ぎ方ができる状態でポジションが決まっていれば、ハンドルの位置が遠い位置にあれば自然に可能であって、深い部分のハンドルをつかみ、引き寄せる動作がペダリングの大きな補助力となります。

 

でも、浅ければ自転車を足だけで漕いでいるようになってしまい、小さなサイズの自転車では潜在的で補助的な力が使えず、速度や航行力に大変大きな違いが生じてしまうのでした。

 

・・・さて、どうしましょう。
ハンドルの位置をもっと遠くに、もう少し下にあったらいいのに・・・。
主人公さん、とってもブルーです。

 

自転車カスタムBOOK
スポーツ自転車完全マニュアル
自転車女医のサイクリニック
誰でもできる自転車メンテナンス
自転車トラブル解決ブック

 

 

方法はあったじゃないか!おっし、やってみましょうステム交換!

■ フレームとハンドルをつなぐ継ぎ手=それがステム!

 

不満に思えば思うほど悲しくなってくる自転車のフレームサイズの不満。
買ったばかりなので、今のうちに売却をして同じ車体を買うことすら考え出したりもしてしまうくらい気になる・・・。

 

しかし、調べた結果、、「ステム」という聞き慣れないパーツの名前にその解決策が秘められているという。

 

エスケープR2のフレームサイズSサイズのステムは長さが9センチ。
この位置から2~3センチハンドルが遠くなったら乗り心地はどう変わるのだろう?

中古として車体を売るより、まずは4~5千円くらいでこの不満が和らぐのだったら、ちょっと腑に落ちない部分はあるのだけどやるだけの価値はあるはずだ。 まずはやってみよう♪

 

 

 

 

自分のロードバイクのステム長を知り、取り付け可能なステムを探す

■ 不満の無い自転車にしてみせるのじゃ

 

初心者ナビの主人公さんの場合、「もしかしたら、この自転車のフレームサイズ、自分には少し小さかったんじゃないのかな?」というケースです。

 

それを改善する方法として辿りついた答えは、「長いステムに交換して車体の長さを長くし、ハンドルの位置を遠くさせる」というもの。

 

「ステム」っていう言葉は、自転車パーツの店やショッピングサイトを見ると並んでいたりするのですが、「何に使うんだろ、これ?」と頭をひねっていた人も少なくないと思います。「ステム」はハンドルとフレームをつなぐ金属パーツ。これを長いステムや角度の違うステムに取り換えれば、ハンドルの位置を違う位置に変えることができるのです。アヘッドステムとも呼ばれているみたい。

そんなわけで、そんな事実を知った主人公さん、さっそく勉強してみました。

 

ハンドル形状が違っても、ステムの部分は無関係。
ドロップハンドルのロードバイクも探し方や交換方法、理論やパーツ自体も同じですので、参考にしてみてください。

 

エスケープR2の場合、ハンドル関係のスペックはAluminum 25.4 90mm(XXS,XS,S),110mm(M)。
この数値は「ハンドルバー」&「ハンドルステム」のサイズで、ステムを買う時としては「ハンドルクランプ径:25.4mm」のステムが適合します。 でも、これはハンドル側にかませる穴のサイズ。

 

もうひとつ知る必要があるのが、フレーム側にかませる穴である「コラムクランプ」の径で、そちらの「コラムクランプ径」のサイズはオーバーサイズ・・・1-1/8インチ(28.6mm)が主流になっている模様です。
サイズは1インチ(25.4mm)1-1/8インチ(28.6mm)があり、 1-1/8インチの規格は一般に「オーバーサイズ」と呼ばれています。

 

主人公さんの場合、身長170センチの身体ですが、フレームサイズはSサイズのエスケープで、ノーマル状態のステムの長さは90mmというサイズが取り付けられていたと言うことがわかりました。

いろいろ情報を集めてみたところ、2010年モデルのエスケープR2の適合ステムサイズは「ハンドルクランプ径:25.4mm」で、「(コラムクランプ径は)オーバーサイズ(1-1/8インチ)」という事も辿りつき、それからようやくステム検索を開始することができるようになったのです。

 

もう一度まとめてみると、
「ノーマルサイズで、ハンドルクランプ径が○○mmのステム」
「オーバーサイズで、ハンドルクランプ径が○○mmのステム」

ようするに、そんな感じみたいです。

「コレ、クロスバイク用」「こっち、ロードバイク用」ではありません。

 

エスケープのハンドルの太さが偶然25.4mm(=インチサイズと同じ)だったので、混乱してしまいました。
ハンドルバーの直径は、22.2mm、25.4mm、26.0mm、31.8mmの4種類だそうで、そっち(ハンドルバーの直径)はノーマルのインチサイズとかオーバーサイズとか表現されない数値のようです。

 

SHIMANO PRO (シマノプロ) ADJUSTABLE STEM AHEAD (アジャスタブルステム アヘッド
サイズ:95/110/125mm
クランプ径:25.4mm
コラム径:-
3T スリーティー ARXA STEM アークサ ステム アジャスタブルステム
サイズ:100mm
クランプ径:31.8mm
コラム径:28.6mm
バズーカ アジャスタブルステム318
サイズ:95mm
クランプ径:31.8mm
コラム径:1-1/8インチ
オーバル R710 アジャスタブルステム
サイズ:95/110/125mm
クランプ径:28.6mm
コラム径:31.8mm
Ritchey リッチー アジャスタブルステム 31.8mm
サイズ:80/100mm
クランプ径:31.8mm
コラム径:1-1/8
Dixna (ディズナ) Road Adjust Stem (ロードアジャストステム)
サイズ:95/110/125mm
クランプ径:31.8mm
コラム径:-
[ディズナ]ロードアジャスタブルステム 1-1/8インチ バークランプ径:26.0mm
サイズ:95/110/125mm
クランプ径:26.0mm
コラム径:28.6mm
BBB ハイシックス「BHS-23」 アジャスタブルステム 1-1/8インチ バークランプ径:31.8mm
サイズ:90/110/125mm
クランプ径:31.8mm
コラム径:1-1/8インチ
BBB (ビービービー) HIGHSIX (ハイシックス) 110mm
サイズ:110mm
クランプ径:25.4mm
コラム径(ステアチューブ径):28.6mm
[ビーム]アジャスタブルステム 1-1/8インチ バークランプ径:25.4mm
サイズ:95/110mm
クランプ径:25.4mm
コラム径:28.6mm
NVO/ATS TM-2 アジャスタブルステム
サイズ:90/110/130mm
クランプ径:25.4mm
コラム径:28.6mm
ACOR (エイカー) Adjustable Stem (アジャスタブルステム)
サイズ:110mm
クランプ径:25.4mm
コラム径:-
カロイ AS-820 アヘッドアジャスタブルステム 25.4mm径
サイズ:90/110mm
クランプ径:25.4mm
コラム径:1-1/8
OVAL (オーバル) R710 Adjustable Stem (アジャスタブルステム) φ31.8/125mm
サイズ:95/110/125/140mm
クランプ径:26.0/31.8mm
コラム径:31.8mm
BBB ハイシックスOS アジャスタブルステム
サイズ:90/120/125mm
クランプ径:31.8mm
コラム径:28.6mm

その他の可変ステム・アジャストステム検索&価格比較調査

ひとまず、9センチ以上のステムを検討&検索しはじめました。
そして、ステムの中でも角度調整の効く「可変ステム」タイプというステムの存在を知り、9センチだったステムの長さを+3センチとみつくろい、11センチのステムをチョイス

素人ながらにアーレンキー(六角棒レンチ)を使い、勇気を出して出荷以来外されたことの無かった自分の自転車のハンドルを解体していくのでした。。。

 

コレ、自転車素人の車体購入後ほんの1か月くらいの時のお話です。

 

◆ 定番パーツや消耗品は何年待ってもほとんど価格は変わりません。 普段利用する使いやすいネットショップや、価格や送料など比較・検討して、早い時期から思い切って導入し、その後の乗り心地の良い状態を長く楽しんでいく方が、考えて悩んで買わない時間より有意義なロードバイク生活になるでしょう。

 

 

ロードバイク初心者ナビ・日常生活を楽しむ生活向上キーアイテムヒント
ロードバイク初心者ナビ・たくさん走って部屋でくつろぐ。日常生活を充実させる物欲アイテム

土を使わないはじめての野菜づくり
水耕栽培キット 心知菜園
液体肥料 ハイポニカ
トマトトーンスプレー 420ml
住友化学園芸 粘着くん液剤 100ml
DIY道具上達テクニック百科
コードレス振動モード付きドライバー&ドリルセット
ミニリューター&リュータービット85点 ケース付き
ラチェット&ドライバーセット
goot(グット)ナイロンロープカッター HE-60

 

 

 

 

この章では自転車初心者が遭遇した体験談を基に、必要なことやアイテムの話をまとめていきます。

■ ロードバイク・クロスバイク初心者あれこれ体験&必要アイテム

 

ロードバイク初心者ナビ TOP
ロードバイク初心者あれこれ体験&必要アイテム INDEX
自分が乗りたいロードバイクを絞り込む!ロードバイクの選び方
ある初心者がクロスバイク(エスケープR2)を決めた理由
ロードバイクと一緒に買うもの・他にかかる費用
お尻が痛い!!~その1~ ジェル入りサドルカバーを買ってみた
お尻が痛い!!~その2~ サドルの形状の秘密
やっぱり必要なロードバイク用空気入れポンプ
はじめてのスポーツ自転車・ロードバイクに慣れるまでの道のり
明るい尾灯はお早めに!本当に欲しくなるLEDテールライト
ロードバイクに乗りやすい服装(ズボン編)
初めてのロードタイヤ交換!~自転車タイヤ交換決意編~
初めてのロードタイヤ交換!~自転車タイヤ交換感想編~
痩せたい人必読!ロードバイクでダイエット!
初心者向けロードバイクの効率的なペダリングのコツ
ロードバイクで走る時のインナー&アウター(肌着と上着編)
もしタイヤがパンクしたら・・・携帯ポンプ(空気入れ)は必需品!
ロードバイクのスピードメーター?サイクルコンピューター
フレームサイズの選択ミス!~ハンドルステム交換決意編~
ステムを変えたらどうなった!? ~ステムの種類・選び方・交換感想編~
路面をしっかり照らすロードバイクに最適なLEDヘッドライト
ロードバイクにカゴは無い!サイクリング用のバッグを探そう!
ロードバイクを漕ぎやすい“日常系”サイクリングシューズを探そう!(靴編)
新たなる“翼”を手に入れよう! ロードバイク輪行プロジェクト
ロードバイクに履かせる700×23Cタイヤ&チューブ比較

 

楽しさ激増!サイクルコンピューター ←  | ロードバイク初心者ナビ TOP |  → ロードバイクのステム交換のポイント

| TOP | 自転車入門知識 | 初心者ロードバイク | メンテナンス・改造手順 | 自転車体験談・経験談 | ロードバイクアイテム |

ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者ナビ


ロードバイクナビ メニュー


自転車ライフ 経験談・体験談


デスクトップ的リンク

趣味の初心者支援サイト
クロスバイク初心者ナビ

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
SPECIAL LINKS
サイクリングナビ
ロードバイクの教科書
ロードバイクオールカタログ 2013
ロードバイクインプレッション 2013
ぜんぶわかる!自転車メンテナンス
ロードバイク定番トラブル解決BOOK
初心者のためのロードバイク&クロスバイクメンテナンスBOOK
ロードバイク「規格」便利帳

初心者ナビ ってどんなサイト?
当サイトはクロスバイク初心者ナビとの情報共有型スピンオフナビサイトという独特のサイト形式でロードバイク初心者向けに構成されています。

ロードバイクやクロスバイクに興味を持った方で、もう少しロードバイクを調べてみたい方や、クロスバイクからロードバイクを検討しているロードバイク初心者の方に近い視点で編集しています。
ロードバイクについて
当サイトの「ロードバイク」の焦点の当て方は、主要自転車メーカーの全車種の中から「価格」「タイヤサイズ」「車体重量」「フレーム素材」等を勘案し、ロードバイクを初めて買う「初心者~中級者」が選びやすいものをピックアップして紹介しています。

ソロキャンプ準備帳