ロードバイクに履かせる700×23Cタイヤ&チューブ比較 - ロードバイク初心者ナビ -

自転車・ロードバイク初心者ナビ クロスバイク自転車生活・あれこれ情報・経験談・体験談

 

ロードバイクに履かせる700×23Cタイヤ&チューブ比較

■ 誰もが知りたいロードバイクタイヤのインプレッション

 

「走行性能の向上」に直結する要素の中で、コストパフォーマンスに優れた改造を考えた時に欲しいのは「タイヤの交換」に関する情報でしょう。

 

本格的なロードレーサー愛好者の中には数十万円かけてホイールごと取り換える方もいらっしゃいますが、もっと低予算でそれに近い感覚で気持ちの良い走行性能を味わうことができるのは「タイヤ」の性能です。

 

ロードバイク初心者ナビでは、実際に購入し、試したタイヤやチューブの感覚・感想・印象を公開する他、独自に収集したタイヤとチューブに関する情報をまとめていきます。

 

 

 

 

ミシュランMICHELIN) LITHION 2リチオン2)・リチオン系

 

ミシュラン リチオン LITHION
【アマゾン】
送料無料2本セット ミシュラン リチオン2 700×23C(622) Dグレー
【アマゾン】
送料無料2本セット ミシュラン リチオン2 700×23C(622) レッド
【アマゾン】
送料無料2本セット ミシュラン リチオン2 700×23C イエロー
【アマゾン】
送料無料2本セット ミシュラン リチオン2 700×23C(622) ブルー
【アマゾン】

 

☆リチオン1カタログ重量:230g ☆リチオン2カタログ重量:220g ☆使用済みリチオン1実測重量:214g ☆税込定価:3,465円
☆特徴:●回転抵抗とグリップの優れたバランスはLITHIONから受け継ぎ、ルックスをPRO 3風にアレンジ ●LITHIONから10gの軽量化も実現 ●グリップはLITHIONから25%強化し、ウェットな路面やコーナーでの走行性が向上。

☆初心者ナビインプレ:前モデルのリチオン(1)を使用したことがあり、2は実際には未経験。1ではブレーキング時にリアタイヤがスリップすることがあった点が気になっていたが、2のアナウンスでは25%改善している模様。1が初めての28⇒23のタイヤ交換だったので他と比較することはできないのだが、その後の「サーファス(serfas) SECA RS ROAD」の方が軽く回り、グリップ力もあることに気が付いた。2で10gの軽量化に成功している模様だが・・・。リチオン2の登場により、前モデルのリチオンは生産が中止されるため、リチオン2の情報から記載することに。

★楽天市場でミシュラン リチオンの価格調査してみました★

サーファスserfasSECA RS ROAD

 

【サーファス】(SECA 23C)
【楽天市場】
「サーファス」SECA ULTRA LIGHT 700×23c
【楽天市場】
サーファス SECA-RS セカレーシング 700x23c
【楽天市場】
SECA ウルトラライト ロードタイヤ ブラック/700x23C
【アマゾン】
サーファス セカ 23C ロード用700C (622) ワイヤー ブルー
【アマゾン】

 

☆カタログ重量:215g ☆使用済み実測重量:206g ☆税込定価:3,990円
☆特徴:●パンクに強いフラットプロテクションシステム。 ●トレッド部分は耐磨耗性にすぐれ、柔軟なサイドでコーナーリング特性が向上。

 

☆初心者ナビインプレ:ミシュランのリチオン1からの乗り換えで使用。リチオンより滑らかに地面を転がり、グリップ力もある。同価格帯のリチオンとの比較になるが、リチオン(230g)⇒SECA RS ROAD(215g)の15gが効いているのか、交換前と較べるとペダリングにしっかり反応してくれ、かなりの軽さを感じてしまった1本。

 

カラーが豊富なので、走りとコーディネイトを楽しみたい乗り手にはおすすめのタイヤです。

★楽天市場でサーファス SECA RS ROADの価格調査してみました★

 

 

 

ミシュランmichelinPRO3 RACEプロ3レース)系

 

送料無料2本セット ミシュラン プロ3レース 700×23C(ブラック)
【アマゾン】
送料無料2本セット ミシュラン プロ3レース 700×23C(ダークブルー)
【アマゾン】
MICHELIN(ミシュラン) Pro3 Race プロ3 レース 700×23C (イエロー) 2本セット
【アマゾン】
MICHELIN(ミシュラン) Pro3 Race プロ3 レース 700×23C(デジタルブルー) 2本セット
【アマゾン】
ミシュラン PRO3 RACE お得な2本セット
【楽天市場】

 

ミシュラン プロ3レース ミシュラン プロ3レース
ミシュラン プロ3レース ミシュラン プロ3レース

☆カタログ重量:200g ☆新品実測重量:196g ☆税込定価:7,875円
☆特徴:●センター部分の路面抵抗を軽減する「エナジートレッド」を幅広く採用し、サイド部分には従来よりグリップ性能の高いコンパウンドを使用  ●直進時の転がり抵抗は極限まで抑えつつ、コーナリング時の高いグリップを実現  ●ウエットコンディションでのグリップが大幅に向上。

 

☆初心者ナビインプレ:モチモチとした不思議な走行感覚を覚える高級タイヤのプロ3レース。
タイヤ自体も軽量なクリンチャータイヤで、路面に対する吸い付きの良さはピカイチ。
長期間使用されたハンドルのラバーグリップがいつまでたってもネチョネチョと手にへばりつくのと同じ感触のタイヤと言えばその路面へのフィット感が伝わるでしょうか?タイヤ自体もとても柔らかいフニャフニャなタイヤです。

ホイールへの装着難易度は高いタイヤでした。コンチネンタルのGP4000Sがワックス系でスベスベしているタイヤなので、最後にタイヤをリムに落とし込む時も、自然にすでに巻きつけてある全周部分から余分な部分を寄せてはめやすく感じるものなのですが、こちらのプロ3レースはネトネト系なので、チューブにさえぴとぴとします。つまり、最後の仕上げでリムに落とし込む段階においては、全周からタイヤを寄せて来れないので余っている部分がなく、慣れている人でも苦戦することになると思います。

装着のコツですが、最後の仕上げにリムにタイヤを落とし込む際に、少し入れていたチューブの空気を全て抜いて「少しでも張っている部分を失くす」とギリギリで入れることができるようになるでしょう。元々落ちにくい油汚れに輪をかけてネトネトするタイヤなので、装着前のホイールのブレーキパッドの接するラインはあらかじめ汚れをふき取ってから装着作業をはじめないと、せっかくのカラーラインタイヤも苦戦しながら装着したタイヤはすでにあちこち落ちない汚れが付いてしまうでしょう。 トレッドパターンが無いハイグリップタイヤなので、装着時の方向はありません。

許容エアー充填量は最小6bar(87 PSI)-最大8bar(116 PSI)。
ハンドリングは驚くほど軽く、スイスイ加速できる軽量タイヤですが、転がり抵抗が極限まで抑えられている分、少々、ショックの吸収性が低いので、乗り心地としてはコンチネンタルGP4000Sの方が快適で、摩耗や悪路通過時のダメージは受けやすい柔らかタイヤです。

 

「加速力と軽さのプロ3レース」。
重量の比重割合の低い前輪(フロントタイヤ)に入れてみると長期間効果的なライディングが期待できそうです。

★楽天市場でミシュラン PRO3 RACEの価格調査してみました★

 

 

 

コンチネンタル(CONTINENTALGP4000S

 

コンチネンタル グランプリ4000S 700×23C 2本セット
【アマゾン】
CONTINENTAL コンチネンタル GRAND PRIX グランプリ ATTACK&FORCE アタック&フォース 前後
【アマゾン】
コンチネンタル(Continental) グランプリ4000 700×20C
【アマゾン】
Continental(コンチネンタル) グランプリ4000S
【楽天市場】
Continental(コンチネンタル) グランプリ4000
【楽天市場】

 

コンチネンタル GP4000S コンチネンタル GP4000S
コンチネンタル GP4000S コンチネンタル GP4000S

☆カタログ重量:205g ☆新品実測重量:221g ☆税込定価:7,035円
☆特徴:●当たった物質の形状に合わせて緻密に変形するブラックチリコンパウンドを使用 ●スチールの5倍の強度を持つベクトランブレイカーを内蔵 ●RTRTO:622 ●330TPI

 

☆初心者ナビインプレ:耐久性とコーナーリングでのグリップ力の実力を併せ持つロード用ハイパフォーマンスタイヤとして名高いGP4000S。ホイールへの装着もきつくなく、しなやかな印象を受けたタイヤでした。

撮影のために折り曲げた状態で手を離すと端の部分が立ち上がってしまうくらい堅く肉厚のタイヤで、軽量系タイヤのプロ3レースとは性質が異なります。
撮影前にセロテープやガムテープを固定のためにタイヤに貼ろうとしましたが、表面はワックス様のコーティングがされていて粘着物質を受け付けません。 そのおかげでタイヤの装着はスベスベしているため、リムにタイヤを落とし込みやすく、最後の部分も全周から余力部分を無意識のうちにもってくることができているので、とてもはめやすいタイヤになっています。

装着して感じたGP4000Sのインプレッションとして、ショックの緩衝性に優れている点に感心。
それを表現すると、アルミフォークのクロスバイクとカーボンフォークのクロスバイクの乗り心地の違いに似ているような感触です。
本来、通常走行時においても「ガタガタ」と固い路面状況を拾う部分でも、丸みを帯びた感触にショックを恒常的に緩衝しているような柔らかい乗り心地が体感できました。ショックの吸収性が高いので、パワーロスも少なく0.5~1速分軽く回せる感触の、コロコロとよく回ってくれるタイヤ。
そのため、高速域での回転力は折り紙付きの重量系クリンチャータイヤです。

ただし、高い耐久性と引き換えに『実測』においてミシュランのプロ3レースより25グラム重いタイヤです。
公表重量が205gとのことなのですが、実際に計ると221gもあり、プロ3レースは逆に公称200gが実測重量196g。
個体差はあるかもしれませんが、実際にペダリングはどうしても少し重めに感じてしまいます。
40~50km/hで走れるロードバイクのように高速域まで回しきれない25~35km/hのクロスバイクにおいてはプロ3レースの方が羽根が生えた気分が味わえるかもしれません。

転がり抵抗は低価格のタイヤのそれとはまったく違う速度を殺さないタイヤなため、初動にある程度の脚力の加速力が必要でも、一旦タイヤが回るとその時点からスピードを重ねて乗せていくことができる高速域の安定性が抜群のタイヤです。

上段の写真群の右下写真のように、2点、摩耗具合の目安となるスリップサインとして穴の空いている(貫通しているわけではありません)箇所があり、その付近に矢印があるので、装着方向も間違えることがない親切なタイヤです。最大空気圧は8.5bar-120PSI 。

「高速加速力と耐ショック性のグランプリ4000S」。
乗り心地+高速巡航性が高く、それでいて摩耗しにくい耐久力のある高級タイヤ。
乗れば乗るほどじわじわと性能がわかってくる一品です。

★楽天市場でコンチネンタル グランプリ4000Sの価格調査してみました★

 

 

 

ミシュランmichelinPRO3 LIGHTプロ3ライト

 

ミシュラン PRO3 LIGHT プロ3ライト 700×23C
【楽天市場】
ミシュラン プロ3ライト 700×23C ライトブルー
【楽天市場】
ミシュラン PRO3LIGHT プロ3ライト 700×23C
ミシュラン PRO3 Lite 700x23c ライトブルー
【アマゾン】
 
 

 

☆カタログ重量:180g ☆税込定価:7,665円
☆特徴:●ミシュランの最新レーシングタイヤ"PRO3 RACE"を軽量化させたタイヤ ●軽量化により回転抵抗を極限まで軽減 ●シリカコンパウンドによる極めて低い転がり抵抗と、しなやかなケーシングが、すばやい反応と加速を可能にしています。

 

☆初心者ナビインプレ:2011年現在、ライトブルーの1色での発売のタイヤですが、今後、注目のタイヤとなるでしょう。
プロ3レースでさえ200グラムのモチモチタイヤ。それから20グラムの軽量化は驚異的なペダリングへのレスポンスを生み出してくれそう。プロ3レースでさえ2本のタイヤで40グラム・・・コンチネンタル4000Sの公称重量との差分であればタイヤ2本で1円玉が50枚分軽いということ。
28Cのノーマルワイヤービードタイヤ(1本350g)と比較すれば、2本で340グラム・・・缶ジュース1本分足回りが軽くなるわけです。

耐久性・・・と言うより、耐パンク性はコンチネンタルに較べればかなり弱いと見られます。
でも、チューブを交換したりパッチを当てたりすれば良いだけの話で、モチモチとした軽いタイヤで平均速度や最高速度が5キロ増せばどちらが楽しく走り続けられるか♪ 初心者ナビ的にはとても気になるタイヤです。。。

★楽天市場でミシュラン PRO3 LIGHTの価格調査してみました★

 

 

 

 

★ パナレーサー(panaracer) R'AIR 700×18C~23C 23C~28C

 

panaracer R'AIR チューブ 700×18C~23C 仏式バルブ(60mm)
【楽天市場】
panaracer R'AIR チューブ 700×18C~23C 仏式バルブ(48mm)
【楽天市場】
panaracer R'AIR チューブ 700×18C~23C 仏式バルブ(32mm)
【楽天市場】
パナレーサー R-Airチューブ 700X18-23C ロングバルブ 48mm 仏式バルブ
【アマゾン】
パナレーサー R-AIRチューブ 700C 仏式48mm 4本セット700x18-23C
【アマゾン】

 

☆カタログ重量:32mm・65g/48mm・66g/60mm・67g ☆税込定価:32mm・1,400円/48mm・1,730円/60mm・1,800円
☆特徴:新開発の高強度ブチルゴム「Air Flex Lite Butyl」を採用。「軽さ」と「耐久性」のベストバランスを実現させたレーシングチューブ。従来チューブの2.1倍の伸縮性と高い振動吸収性を持ち、高い路面追従性によりライディングストレスを軽減。

 

☆初心者ナビインプレ:空気の自然な流出が少ないと評判のチューブとして28Cノーマルタイヤからの初めての換装に使用。そのため、他に比較できずしばらくR'Airを購入し続けていた。バルブ長32mmを使用するとエスケープのディープホイールではエアーが入れられないことを知り、常にロングバルブを買うようにしていたが「消耗品」であるチューブとしての価格としては高価さを感じたため、半額で買える別の銘柄を買うようになる。

 

数日置いた時の空気の抜け方が他社チューブとは全然違います。ただ・・・やっぱりちょっと高いかな~と。

★楽天市場でパナレーサー R'AIRの価格調査してみました★

 

 

 

★ ミシュラン(MICHELIN) エアコンプ(AIRCOMP) ウルトラライトチューブ

 

ミシュランタイヤ ロード用 エアコンプ ウルトラライトチューブ 700X18~23C
【楽天市場】
ミシュランタイヤ ロード用 エアコンプ ラテックスチューブ 700X18~20C
【楽天市場】
ミシュラン エアコンプウルトラライトチューブ /700×18-23C 仏式40mm
【アマゾン】
ミシュラン エアコンプ ラテックスチューブ 42mm
【アマゾン】
 
 

 

☆実測重量:40mm・77g/52mm・78g/60mm・79g ☆税込定価:945円
☆特徴:わずか70グラムの超軽量チューブ。(700X18/23C)数グラムの差が勝敗を分けるレースの世界で威力を発揮。

☆初心者ナビインプレ:52mmバルブを実際に量りにかけて量ると78gあったが、価格も安く、R'Airからの乗り換えの感覚でも静かにスムーズに回ってくれる感想を抱いたチューブ。それを考えるとさほど不便の無い消耗品であるチューブに倍の値段を出して「性能」を求め、高い出費をし続けるのは微妙だと感じました。

ただ、バルブの根元にネジ山がないので、リムにボルトで固定できない事には違和感があります。
リムにバルブを固定できないので、フロアポンプのアダプターをチューブのバルブに挿し込む際は、タイヤの外側からバルブのお尻を押しながら差し込まないとしっかりロックできないのが不便。そんな「ネジ切り」も含めての価格設定なのかもしれません。走行上の支障は全くない。

★楽天市場でミシュラン ウルトラライトチューブ 700x18/23Cの価格調査してみました★

 

 

 

タイヤ交換関連の注意点

■ 失敗しないタイヤ&チューブ選び

■ 購入するタイヤサイズに注意しましょう。このページでは700×23Cのタイヤ情報のみを扱っています。
■ 所有するロードバイク(のホイールのリム)に23Cが入るかどうか個別に調べて購入・履き替えをしましょう。
■ 所有するロードバイクによってはディープホイールの物もあります。チューブのバルブが短すぎるとバルブがホイールから十分に顔を出せずにエアーを入れることができないので注意して購入しましょう。

 

ロードバイク初心者ナビ・日常生活を楽しむ生活向上キーアイテムヒント
ロードバイク初心者ナビ・たくさん走って部屋でくつろぐ。日常生活を充実させる物欲アイテム

文房具を楽しく使う ノート・手帳篇
超軽量スーツケースキャリーバッグ
ビジネスバッグ マンハッタンパッセージ
カシオ エクスワード XD-D8600
12000mAh 2台同時充電 HIGH POWERBANK
愛しの文房具
Cカンパニー[EPIZO]システム手帳ミニ
キングジム ノートカバー マグネットタイプ A6タテ型
プラチナ プレジール Plaisir 万年筆 PGB-1000
ハイテックCコレト「COLETO Lumio」

 

 

 

 

この章では自転車初心者が遭遇した体験談を基に、必要なことやアイテムの話をまとめていきます。

■ ロードバイク・クロスバイク初心者あれこれ体験&必要アイテム

 

ロードバイク初心者ナビ TOP
ロードバイク初心者あれこれ体験&必要アイテム INDEX
自分が乗りたいロードバイクを絞り込む!ロードバイクの選び方
ある初心者がクロスバイク(エスケープR2)を決めた理由
ロードバイクと一緒に買うもの・他にかかる費用
お尻が痛い!!~その1~ ジェル入りサドルカバーを買ってみた
お尻が痛い!!~その2~ サドルの形状の秘密
やっぱり必要なロードバイク用空気入れポンプ
はじめてのスポーツ自転車・ロードバイクに慣れるまでの道のり
明るい尾灯はお早めに!本当に欲しくなるLEDテールライト
ロードバイクに乗りやすい服装(ズボン編)
初めてのロードタイヤ交換!~自転車タイヤ交換決意編~
初めてのロードタイヤ交換!~自転車タイヤ交換感想編~
痩せたい人必読!ロードバイクでダイエット!
初心者向けロードバイクの効率的なペダリングのコツ
ロードバイクで走る時のインナー&アウター(肌着と上着編)
もしタイヤがパンクしたら・・・携帯ポンプ(空気入れ)は必需品!
ロードバイクのスピードメーター?サイクルコンピューター
フレームサイズの選択ミス!~ハンドルステム交換決意編~
ステムを変えたらどうなった!? ~ステムの種類・選び方・交換感想編~
路面をしっかり照らすロードバイクに最適なLEDヘッドライト
ロードバイクにカゴは無い!サイクリング用のバッグを探そう!
ロードバイクを漕ぎやすい“日常系”サイクリングシューズを探そう!(靴編)
新たなる“翼”を手に入れよう! ロードバイク輪行プロジェクト
ロードバイクに履かせる700×23Cタイヤ&チューブ比較

 

スポーツバイクの輪行&輪行バッグ ←  | ロードバイク初心者ナビ TOP |  → ロードバイクアイテム INDEX

| TOP | 自転車入門知識 | 初心者ロードバイク | メンテナンス・改造手順 | 自転車体験談・経験談 | ロードバイクアイテム |

ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者ナビ


ロードバイクナビ メニュー


自転車ライフ 経験談・体験談


デスクトップ的リンク

趣味の初心者支援サイト
クロスバイク初心者ナビ

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
SPECIAL LINKS
サイクリングナビ
ロードバイクの教科書
ロードバイクオールカタログ 2013
ロードバイクインプレッション 2013
ぜんぶわかる!自転車メンテナンス
ロードバイク定番トラブル解決BOOK
初心者のためのロードバイク&クロスバイクメンテナンスBOOK
ロードバイク「規格」便利帳

初心者ナビ ってどんなサイト?
当サイトはクロスバイク初心者ナビとの情報共有型スピンオフナビサイトという独特のサイト形式でロードバイク初心者向けに構成されています。

ロードバイクやクロスバイクに興味を持った方で、もう少しロードバイクを調べてみたい方や、クロスバイクからロードバイクを検討しているロードバイク初心者の方に近い視点で編集しています。
ロードバイクについて
当サイトの「ロードバイク」の焦点の当て方は、主要自転車メーカーの全車種の中から「価格」「タイヤサイズ」「車体重量」「フレーム素材」等を勘案し、ロードバイクを初めて買う「初心者~中級者」が選びやすいものをピックアップして紹介しています。

ソロキャンプ準備帳