ロードバイクとマウンテンバイクの違い - ロードバイク初心者ナビ -

自転車・ロードバイク初心者ナビ こっそり学べる自転車入門基礎知識

 

ロードバイク、マウンテンバイクと較べてどうなのかな?

■ ロードバイクとマウンテンバイク、どこが違うのかな?

 

ママチャリと何が違うのかな?のページでは、簡単に説明するために誰もが知っている「ママチャリ(シティサイクル)」と比べた時の違いをザックリと説明してみました。 それでは、次に「マウンテンバイク」と比べてみた時のザックリとした(おおまかな)説明をします。

 

 

 

 

マウンテンバイクとクロスバイク、天秤にかける人はあまりいません。

■ なぜなら「こんな風に乗りたいから気になった」別次元の自転車だから

 

ママチャリ以外の自転車と言えば、マウンテンバイクとロードバイク!
自転車の専門店に行くと、折り畳み自転車以外のコーナーはロードバイクかマウンテンバイクですよね。
(クロスバイクをしらなければそう見えます^^)

 

『さて、ロードバイクとマウンテンバイク、どっちを買おうかな~~。。』

 

いえいえ、待って下さい。。。何がしたくて高い自転車を買おうとしてるんですか!? ^^;

・・・と、いうくらい、使用用途が対極の位置にある2つのタイプの自転車。

 

ですので、あまり比較する場面は少ないのですが、自転車の特徴や目的に注目してロードバイクとマウンテンバイクの違いを見ていきましょう。

 

 

 

 

ロードバイクとマウンテンバイクの簡単な違いと特徴 その1 あ、タイヤの太さが違う!?

■ タイヤの太さや肉厚に注目して見てみましょう

 

ロードバイクでは23Cの細いタイヤが一般的で、スポーツ自転車に乗ったことが無い人が見れば「これ・・・乗れるの!?」と感じてしまうようなタイヤを履いています。・・・ 対してマウンテンバイクでは瓦礫も山道もアスファルトも階段も、どこでも走っていけるような太くて肉厚なタイヤを履いています。

 

その名の通り、マウンテンバイクは、ワイルドな山道や舗装されていないようなガタガタな道路を走れる自転車として設計された自転車なのです。衝撃に強く、あらゆる段差を乗り越えやすいよう分厚いタイヤの表面は、グリップを保つためのくっきりとしたブロックパターンが施されています。

 

一方、ロードバイクは舗装道路が専門の自転車。
極限まで絞られ軽量化された細いフレームと、速度低下を抑え込むために設置面積を小さくした細いタイヤ幅と8~9気圧もの高圧タイヤ。車体が違うというよりも目的そのものが違うことがタイヤだけでわかります。

 

一応、ありがちな解説をすると・・・、

 

■ 「デコボコ道・歩道等の段差・砂利道・山道・舗装されていない悪路・・・太くクッション性のあるタイヤのマウンテンバイク」
■ 「舗装された道路・転がる抵抗を極力抑えた細いタイヤ・スピード重視・・・高圧の細いタイヤのロードバイク」

 

こんな区別をすることができます。

 

 

 

 

ロードバイクとマウンテンバイクの簡単な違いと特徴 その2 MTBはサスペンション、ロードバイクはカーボン。

■ フロントフォークの衝撃緩衝装備

 

マウンテンバイクと言えば山道。
山道と言えばガタガタ道。。
ガタガタ道にはサスペンション。。。

 

重量が増すのですが、マウンテンバイクの衝撃吸収力は必須なのでマウンテンバイクにはサスペンションが装備されているモデルが多いです。使用目的によってはフロントサスペンションだけではなく、リアサスペンションも備えたフルサスペンションモデルも珍しくありません。

 

一方、ロードバイクは舗装された道路を走ることを前提に作られているので、そもそもサスペンションは設計段階から上ってくることはありません。 しかし、軽量化や高圧のタイヤが細かい振動まで伝えてしまう事象を和らげる目的で、カーボン素材をフロントフォークに使用することがあります。

 

カーボン材質の採用は少々高価になってしまうので、フロントフォークだけ使用されていたり、フロントとリアタイヤのフレーム部分だけカーボン化されたロードバイクもあります。

 

フレームの全てをカーボン化しているフルカーボンロードバイクは20万円以上の高級モデルになってしまうのですが、長距離走行も想定しているロードバイクではカーボン素材が衝撃緩衝の装備となっています。

 

MTBメンテナンス 完全版
休日バイカーのためのMTBアップグレード
初心者のためのMTB(マウンテンバイク)メンテナンスBOOK
MTB・クロスバイクトラブルシューティング
自転車ライディングテクニック

 

 

 

ドロップハンドルのロードバイク・フラットバーハンドルのマウンテンバイク

■ マウンテンバイクのハンドルはT字のハンドル

 

超前傾姿勢になるロードバイクというジャンルの自転車のハンドルは、下にクルっと曲がったドロップハンドル。

 

マウンテンバイクは、「フラットバー」ハンドルです。

主に山間部を走れる自転車をとはじまったマウンテンバイクの歴史。

 

ロードバイクは高速移動が可能で広大な都市間をも移動できる自転車。

 

「乗りやすい」のはフラットバーハンドル。「楽に速く走れる」のはドロップハンドルです。

 

 

 

ロードバイクとマウンテンバイクの違い 軽いまとめ

■ 混乱しないように特徴を簡単に

 

■ 未舗装の道を走るマウンテンバイクと舗装路を走るロードバイク
■ タイヤの太いマウンテンバイクとタイヤの細いロードバイク
■ マウンテンバイクはサスペンションでロードバイクならカーボン素材
■ T字ハンドルのマウンテンバイクとドロップハンドルのロードバイク

 

 

ロードバイク初心者ナビ・日常生活を楽しむ生活向上キーアイテムヒント
ロードバイク初心者ナビ・たくさん走って部屋でくつろぐ。日常生活を充実させる物欲アイテム

自作PCパーツ完全ガイド 2013
インテル Core i3 3225
ASUS P8H77-V/LE
CFD W3U1600HQ-4G [DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組]
インテル 330 Series SSDSC2CT120A3K5
PC自作の鉄則!2013
インテル Celeron Dual-Core G1610
バッファロー BRXL-PC6VU2-BK
IODATA DVR-S24HK
KEIAN KT-450PS

 

 

 

 

この章ではロードバイクや本格的な自転車についての初歩的な知識を取り上げていきます。

■ 自転車・ロードバイク初心者の入門知識

 

ロードバイク初心者ナビ TOP
自転車初心者入門知識ナビ INDEX
高価なスポーツ自転車に興味を持った人のきっかけ
ロードバイクってどんな自転車? ママチャリと何が違う? ←皆ママチャリしか乗ったことないです。
ロードバイクとはどんな自転車? マウンテンバイクとどこが違う?
クロスバイクを買う?それともロードバイクを買う?
自転車の一流メーカー・有名ブランドを調べてロードバイクを探そう!
自転車初心者が注目すべきロードバイクのチェックポイント
自転車のグレードと値段ってどう決まっているんだろう?
スチール?アルミ?クロモリ?カーボン?材質の特徴・特性解説
ロードバイクの細いタイヤ・・・どうなんだろう?
シマノ(SHIMANO)・カンパニョーロ(Campagnolo)・SRAM(スラム)のパーツ&グレード解説
ロード・スポーツバイクをネットで買ってみた!梱包例+感想例

 

自転車カスタムBOOK
スポーツ自転車完全マニュアル
自転車女医のサイクリニック
誰でもできる自転車メンテナンス
自転車トラブル解決ブック
東京周辺自転車散歩
輪行サイクリングのすすめ
自転車はここを走る!
ロードバイクQ&A 今さらきけないソボクな疑問
自転車少女/SASAI

 

 

 

ロードバイクとママチャリの違い ←  | ロードバイク初心者ナビ TOP |  → ロードバイクとクロスバイクの違い

| TOP | 自転車入門知識 | 初心者ロードバイク | メンテナンス・改造手順 | 自転車体験談・経験談 | ロードバイクアイテム |

ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者ナビ


ロードバイクナビ メニュー


自転車・ロードバイク入門知識


デスクトップ的リンク

趣味の初心者支援サイト
クロスバイク初心者ナビ

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
SPECIAL LINKS
サイクリングナビ
ロードバイクの教科書
ロードバイクオールカタログ 2013
ロードバイクインプレッション 2013
ぜんぶわかる!自転車メンテナンス
ロードバイク定番トラブル解決BOOK
初心者のためのロードバイク&クロスバイクメンテナンスBOOK
ロードバイク「規格」便利帳

初心者ナビ ってどんなサイト?
当サイトはクロスバイク初心者ナビとの情報共有型スピンオフナビサイトという独特のサイト形式でロードバイク初心者向けに構成されています。

ロードバイクやクロスバイクに興味を持った方で、もう少しロードバイクを調べてみたい方や、クロスバイクからロードバイクを検討しているロードバイク初心者の方に近い視点で編集しています。
ロードバイクについて
当サイトの「ロードバイク」の焦点の当て方は、主要自転車メーカーの全車種の中から「価格」「タイヤサイズ」「車体重量」「フレーム素材」等を勘案し、ロードバイクを初めて買う「初心者~中級者」が選びやすいものをピックアップして紹介しています。

ソロキャンプ準備帳