自転車のグレードと値段ってどう決まっているのだろう? - ロードバイク初心者ナビ -

自転車・ロードバイク初心者ナビ こっそり学べる自転車入門基礎知識

 

自転車のグレードと値段ってどう決まっているのだろう?

■ ランクの違う自転車は何が違うのかな?自転車ってこういうもの

 

ロードバイクはとても高級なイメージがあります。
「一台100万円を超えるものもある世界」・・・といったような紹介をされることが多く、そうした極端な例が先行してしまうのでしょうね。

 

でも、「キリ」が100万円以上でも、「キリ」は5~6万円くらいからあります。 ^^

それでさえ、「ベテラン」と名乗る長老たちが「まともなロードは10万くらいからだな」と個人的意見と言いつつ、否定的なことを広めてしまうため、初心者はなんだか入っていく機会を逃しがち。

 

6万円でもいいじゃない?中古だっていいじゃない?詳しい人が10万以上のを勧めたらそりゃ、引きます。。。^^
「どんなのあるの?」「こんなのあるよ♪」と、初心者ってそれが知りたいんです♪

 

・・・って、ことで、なぜゆえに人力のロードバイクにそんなに価格差があるのか???
少し考えてみることにしましょう。

 

 

 

 

1 素材・材質の違いが生む価格差&走行性能差

■ 原料費が違えば、価格は全体的に底上げします

 

まず第一に自転車に使われている素材の価格です。
これが違えば価格は全体的に「価格帯」として変わってきます。

 

分かりやすいのが一般的なアルミフレームの自転車と、カーボンフレーム(フルカーボン)の自転車の価格ですね。

 

耐久性は当然問題のない素材で、かつ、「軽い」「衝撃を素材自体が吸収する」物質・・・この要素に加えて「加工(技術)コスト」「量産しやすいか」「重量による運送コスト」。
これらは車体に何の素材を用いるかで価格に響いてきます。

 

そしてこの上に「販売メーカーの利益率の設定」があるわけですね。

 

 

 

 

2 パーツのグレードによる価格差

■ 技術の粋を集めた変速機構のグレードの違いによる価格差

 

自転車にエンジンはありません。しかし、ご存じの通りギヤはあります。
数段しかないママチャリのギヤと違い、ロードバイクやクロスバイクのギヤは16段以上。
スポーツ自転車にとって、実はこの変速機能を司るギヤのシステムに高い価値があるのです。

 

日本の釣り具メーカーのシマノをご存じでしょうか? 釣り具の上州屋で有名で、リールや釣り竿などを販売していますよね?
あのシマノ、実は世界でトップクラスの自転車の変速機構パーツのメーカーSHIMANOなのです。

 

・・・で、世界中の一流自転車メーカーがそのシマノのギヤパーツを使っていたりするのですが、「コンポーネント」と呼ばれる変速パーツセットに入門者向けの低価格のグレードのコンポーネントや、世界的レースで大きな違いを生む滑らかに変速が行える最高級グレードのコンポーネントがあるのです。そのコンポーネントのグレードの価格差は車体の価格に大きく反映されていきます。

 

高級な自転車と入門的な自転車・・・どこが違うの??と価格を見て驚かれた自転車初心者のみなさん、これで「ああ、材質とか変速ギヤがあっちの自転車と違うからなんだな~」と、少し意識することができるかもしれませんね。

 

もう少し勉強してみたい方はシマノ(SHIMANO)・カンパニョーロ(Campagnolo)・SRAM(スラム)のパーツ&グレード解説をご覧ください。

 

 

 

 

全部作ってるんじゃなかったんだ!?自転車ってこういうものだったんだ?

■ パーツの組み合わせで差別化した車種を販売しているのが自転車メーカー

 

自転車のスペックを比較してみると、違うメーカーのロードバイクでも同じシマノの同じコンポーネントが使われていることがよくあります。
もちろんシマノ以外にもコンポーネントを手がける有名なメーカーは世界に数社あります。

 

・・・つまり、自転車って、『フレーム+変速パーツ+ホイールやタイヤ』で作り上げられて「TCR(ジャイアント)」や「LGS-LCA(ルイガノ)」や「Nirone(ビアンキ)」として売り出されていたのです。

ジャイアントやビアンキがフレームもギヤもタイヤも全部手がけてそれらの車種を登場させているわけではありません。

 

「アルミ合金は○○番でフレームを作って、でコンポーネントは××社のこのグレードで、自転車初心者が買いやすい価格帯の自転車を狙って組み立ててカラーをデザインして売り出していこう!はい、では◎◎っていう名前で。。
あ、もうひとつ今度はコンポーネントやホイールのグレードを上げてシートポストとフォークだけカーボン使ったの作れば入門車じゃ納得できない人にも売れちゃうよね!?んじゃ、これが◎◎1で安いのが◎◎2で・・・」
・・・と、、、自転車ってきっとそういう具合だったんですね~。。。^^

 

そんな具合に5万円のロードバイクと10万円のロードバイク、15万円のロードバイクがリリースされていくのでした。。。
・・・・あながち的外れではないでしょう。

各メーカーのたくさんのロードバイクのスペックに目を通していくと、パーツの組み合わせで価格が違うのが見えてくるようになります。

 

買う前の初心者の人には見えてこないイロイロを、憶測を交えて書いてみました。
まあ、あまり悩まずにさくっと買ってたくさん走った方が良いですよ♪

 

【 わかりやすい自転車整備映像のご紹介 】~ 動画共有投稿サイト YouTubeより ~

ロードバイクの値段によるクオリティーの差 29800円のロードバイク

※動画映像の著作権や管理権は各投稿者様が有しています。

 

ロードバイク初心者ナビ・日常生活を楽しむ生活向上キーアイテムヒント
ロードバイク初心者ナビ・たくさん走って部屋でくつろぐ。日常生活を充実させる物欲アイテム

これで差がつくオートキャンプのワザ110
コールマン クアッドLEDランタン
コールマン 2500 ノーススター(R)LPガスランタン
コールマン フォールディンクLPツーバーナーストーブ
DOPPELGANGER OUTDOOR ヒューマノイドスリーピングバック
東京近郊トレッキングBESTコースガイド
Coleman リュックサック Ultra Light Pack
THE NORTH FACE ザ ノース フェイス Tellus30 トレッキングバッグ
Canon タフ防水アウトドアモデル PowerShot D20
SDカード 32GB (クラス10) SDHC メモリカード

 

 

 

 

この章ではロードバイクや本格的な自転車についての初歩的な知識を取り上げていきます。

■ 自転車・ロードバイク初心者の入門知識

 

ロードバイク初心者ナビ TOP
自転車初心者入門知識ナビ INDEX
高価なスポーツ自転車に興味を持った人のきっかけ
ロードバイクってどんな自転車? ママチャリと何が違う?
ロードバイクとはどんな自転車? マウンテンバイクとどこが違う?
クロスバイクを買う?それともロードバイクを買う?
自転車の一流メーカー・有名ブランドを調べてロードバイクを探そう!
自転車初心者が注目すべきロードバイクのチェックポイント
自転車のグレードと値段ってどう決まっているんだろう?
スチール?アルミ?クロモリ?カーボン?材質の特徴・特性解説
ロードバイクの細いタイヤ・・・どうなんだろう?
シマノ(SHIMANO)・カンパニョーロ(Campagnolo)・SRAM(スラム)のパーツ&グレード解説
ロード・スポーツバイクをネットで買ってみた!梱包例+感想例

 

自転車カスタムBOOK
スポーツ自転車完全マニュアル
自転車女医のサイクリニック
誰でもできる自転車メンテナンス
自転車トラブル解決ブック
東京周辺自転車散歩
輪行サイクリングのすすめ
自転車はここを走る!
ロードバイクQ&A 今さらきけないソボクな疑問
自転車少女/SASAI

 

 

ロードバイク購入のチェックポイント ←  | ロードバイク初心者ナビ TOP |  → フレーム材質の特徴・特性解説

| TOP | 自転車入門知識 | 初心者ロードバイク | メンテナンス・改造手順 | 自転車体験談・経験談 | ロードバイクアイテム |

ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者ナビ


ロードバイクナビ メニュー


自転車・ロードバイク入門知識


デスクトップ的リンク

趣味の初心者支援サイト
クロスバイク初心者ナビ

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
SPECIAL LINKS
サイクリングナビ
ロードバイクの教科書
ロードバイクオールカタログ 2013
ロードバイクインプレッション 2013
ぜんぶわかる!自転車メンテナンス
ロードバイク定番トラブル解決BOOK
初心者のためのロードバイク&クロスバイクメンテナンスBOOK
ロードバイク「規格」便利帳

初心者ナビ ってどんなサイト?
当サイトはクロスバイク初心者ナビとの情報共有型スピンオフナビサイトという独特のサイト形式でロードバイク初心者向けに構成されています。

ロードバイクやクロスバイクに興味を持った方で、もう少しロードバイクを調べてみたい方や、クロスバイクからロードバイクを検討しているロードバイク初心者の方に近い視点で編集しています。
ロードバイクについて
当サイトの「ロードバイク」の焦点の当て方は、主要自転車メーカーの全車種の中から「価格」「タイヤサイズ」「車体重量」「フレーム素材」等を勘案し、ロードバイクを初めて買う「初心者~中級者」が選びやすいものをピックアップして紹介しています。

ソロキャンプ準備帳