アルミ?カーボン?クロモリ?自転車の素材・材質の特徴かんたん解説 - ロードバイク初心者ナビ -

自転車・ロードバイク初心者ナビ こっそり学べる自転車入門基礎知識

 

アルミ?カーボン?クロモリ?自転車の素材・材質の特徴かんたん解説&検討・比較のチェックポイント

■ 車体の材質で何がどう違うのかな?

 

ロードバイクやクロスバイクの車体に使われる材質が走りの違いを生む!!

 

・・・なーんて、カッコ良くキメてみたのですが、ココは“ロードバイク初心者ナビ”
広告のようなイメージやキャッチコピーではなく、ざっくりとシンプルに解説していきましょう。

 

 

 

 

スチール素材のロードバイク・自転車の特徴

■ スチール(steel) ⇒ 鋼鉄・はがね = 重い・安い・サビやすい

 

スチール製の自転車の代表格は、いわゆる「ホームセンター的なママチャリ」です。

 

一台8千円台の無変速シティサイクル、1万6~8千円ほどの6段変速などありますが、この価格帯のママチャリの材質は主として「スチール」。重量は17キロ以上となり、短距離の買い物には不自由はしません。

 

ノーブランドで低価格のクロスバイクや折り畳み自転車の中にもスチールフレームの車体があり、特にインターネットで車体を購入する時は注意が必要です。スペシャライズドにはスチールのロードバイクがあります。

 

安く買えるため、スチール製の折り畳み自転車はコンパクトに収納することができるのですが、重くて持ち運びするのが嫌になってしまい、結局持ち運んで走り回る楽しさに巡り合わずに、小さくて乗りにくい普通の自転車としてしか使わないケースも多いことでしょう。

 

■ スチールフレームの自転車の特徴
・ 他の素材より重い
・ 価格が安い
・ 錆びやすい

 

 

 

アルミ素材のロードバイク・自転車の特徴

■ アルミニウム合金(aluminum alloy) ⇒ アルミニウム合金・ジュラルミン = 比較的軽い・頑丈

 

低~中級~高級のスポーツ自転車に採用されている一般的な素材。
合金にはその金属比率などで国際規格があり、一円玉のように軟らかいアルミニウムから、航空機の素材として使われる高強度のアルミニウムまで種類・分類がある。

 

一般的にスチールより軽量で強度もあるため、スポーツ自転車の世界ではポピュラーな金属素材です。
これは、「普通・平凡レベル」という意味ではなく、コスト面や強度的に一番適した材質・・・という事を意味しているので、初心者も上級者もアルミフレームの自転車で全然OK!

 

■ アルミフレームの自転車の特徴
・ スチールより軽い
・ 価格はそこそこ
・ 硬く、衝撃をそのまま伝えやすい

 

 

 

 

カーボン素材のロードバイク・自転車の特徴

■ カーボン(carbon fiber reinforced-carbon matrix-composite) ⇒ 炭素繊維強化炭素複合材料 = 軽い・丈夫・高価

 

炭素繊維と強化プラスチックを熱処理し、炭化・ガラス化(グラファイト化)させた素材。
軽量で強度のある非金属素材のため、自転車のフレームなどに使われると非常に軽い車体が構築できる。

 

その反面、固まるだけの金属と違い、生産にコストがかかるため価格は高くなってしまい、低級車ではフロントフォークのみに取り入れて普及価格帯を維持している。もちろん、フレームの全てがカーボン化されたフルカーボン車もあるが、たいてい2、30万円以上の高級車。

 

フロントフォークだけのモデルの他、後輪を挟むフレーム部分にカーボンが使われたカーボンバック仕様のモデルもあります。

 

■ カーボンフレームの自転車の特徴
・ 非金属のため軽い
・ 価格が高い
・ 衝撃を和らげる
・ 小さな傷から一気に砕ける

 

 

 

 

クロモリ素材のロードバイク・自転車の特徴

■ クロモリ(chromium molybdenum steel) ⇒ クロムモブリデン鋼 = アルミより重い・しなる金属

 

鉄にクロム(クロームめっきなどのクロム)、モリブデンを添加した低合金鋼。
アルミニウム合金が軽くて頑丈であるのに対し、クロモリはスチール(はがね)系合金なのでアルミより重い。

 

しかし、しなやかな素材のため、衝撃吸収性があり、自転車のフレームに使われると高回転走行時にはバネのような作用があり、アルミフレームより気持ちよく加速していくと言われる。

ルイガノなどはフレームはアルミ、フォークにクロモリという構成をする車体もあり、フルでクロモリフレームを採用するGIOSなどもこだわり派にはたまらない素材。

 

■ クロモリフレームの自転車の特徴
・ アルミより重い
・ 採用車種は限られている
・ 衝撃吸収性・しなやかでバネがある

 

 

 

ロードバイク・自転車に使われている素材のまとめ

■ 初心者ならアルミフレームが基本

 

初心者も上級者も普通に選択できるアルミフレームは最低限間違いのない素材。
少し上を見てカーボンフォーク搭載車という選択順序がおすすめです。

 

クロモリは採用しているメーカーがそんなに多くありませんで、初心者が希少車種を気にするより「注目した車体が好き」かどうかで射程内に入れた方がいいでしょう。

 

やっぱりロードバイクやクロスバイクは、こだわりのある自転車メーカーのものがいいですよね♪

 

ロードバイク初心者ナビ・日常生活を楽しむ生活向上キーアイテムヒント
ロードバイク初心者ナビ・たくさん走って部屋でくつろぐ。日常生活を充実させる物欲アイテム

土を使わないはじめての野菜づくり
水耕栽培キット 心知菜園
液体肥料 ハイポニカ
トマトトーンスプレー 420ml
住友化学園芸 粘着くん液剤 100ml
DIY道具上達テクニック百科
コードレス振動モード付きドライバー&ドリルセット
ミニリューター&リュータービット85点 ケース付き
ラチェット&ドライバーセット
goot(グット)ナイロンロープカッター HE-60

 

 

 

 

この章ではロードバイクや本格的な自転車についての初歩的な知識を取り上げていきます。

■ 自転車・ロードバイク初心者の入門知識

 

ロードバイク初心者ナビ TOP
自転車初心者入門知識ナビ INDEX
高価なスポーツ自転車に興味を持った人のきっかけ
ロードバイクってどんな自転車? ママチャリと何が違う?
ロードバイクとはどんな自転車? マウンテンバイクとどこが違う?
クロスバイクを買う?それともロードバイクを買う?
自転車の一流メーカー・有名ブランドを調べてロードバイクを探そう!
自転車初心者が注目すべきロードバイクのチェックポイント
自転車のグレードと値段ってどう決まっているんだろう?
スチール?アルミ?クロモリ?カーボン?材質の特徴・特性解説
ロードバイクの細いタイヤ・・・どうなんだろう?
シマノ(SHIMANO)・カンパニョーロ(Campagnolo)・SRAM(スラム)のパーツ&グレード解説
ロード・スポーツバイクをネットで買ってみた!梱包例+感想例

 

自転車カスタムBOOK
スポーツ自転車完全マニュアル
自転車女医のサイクリニック
誰でもできる自転車メンテナンス
自転車トラブル解決ブック
東京周辺自転車散歩
輪行サイクリングのすすめ
自転車はここを走る!
ロードバイクQ&A 今さらきけないソボクな疑問
自転車少女/SASAI

 

 

自転車のグレードと価格の秘密 ←  | ロードバイク初心者ナビ TOP |  → タイヤの幅による走行性の違い

| TOP | 自転車入門知識 | 初心者ロードバイク | メンテナンス・改造手順 | 自転車体験談・経験談 | ロードバイクアイテム |

ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者ナビ


ロードバイクナビ メニュー


自転車・ロードバイク入門知識


デスクトップ的リンク

趣味の初心者支援サイト
クロスバイク初心者ナビ

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
SPECIAL LINKS
サイクリングナビ
ロードバイクの教科書
ロードバイクオールカタログ 2013
ロードバイクインプレッション 2013
ぜんぶわかる!自転車メンテナンス
ロードバイク定番トラブル解決BOOK
初心者のためのロードバイク&クロスバイクメンテナンスBOOK
ロードバイク「規格」便利帳

初心者ナビ ってどんなサイト?
当サイトはクロスバイク初心者ナビとの情報共有型スピンオフナビサイトという独特のサイト形式でロードバイク初心者向けに構成されています。

ロードバイクやクロスバイクに興味を持った方で、もう少しロードバイクを調べてみたい方や、クロスバイクからロードバイクを検討しているロードバイク初心者の方に近い視点で編集しています。
ロードバイクについて
当サイトの「ロードバイク」の焦点の当て方は、主要自転車メーカーの全車種の中から「価格」「タイヤサイズ」「車体重量」「フレーム素材」等を勘案し、ロードバイクを初めて買う「初心者~中級者」が選びやすいものをピックアップして紹介しています。

ソロキャンプ準備帳