ロードバイクタイヤの空気の入れ方 (フレンチバルブ-仏式バルブ-) - ロードバイク初心者ナビ -

自転車・ロードバイク初心者ナビ

 

ロードバイクタイヤの空気の入れ方 (フレンチバルブ-仏式バルブ-)

■ フレンチバルブタイヤに空気を入れる方法

 

ロードバイク初体験(未経験)の初心者の方が知りたい情報をお送りします。
前ページのロードバイクのタイヤのチューブの特徴から引き続いて、フレンチバルブへの空気の入れ方を解説します。

 

自転車・ロードバイク初心者ナビ

まず、こちらの写真、左側に写っているのがタイヤのチューブです。
写真のフレンチバルブですが、ノーマルについていたタイヤのチューブではなく、ロングバルブというタイプのモノ。少し長いですよね。

ちょっとバルブの長さが長いのがロングバルブ。

 

そのうち、新しいチューブを買う機会がある時に、こうしてバルブの長さが違うものがあることに気付くと思います。長さは走行やタイヤの性能に影響はありません。

 

バルブが長いとメンテナンスが(空気を入れるのが)楽になるのかもしれませんがチューブを買い換える時に、そんなに悩む必要もありません。

 

「空気を入れるのが楽になる」という意味は、バルブが長いとフロアポンプの空気が吹きこまれる「アダプター」(写真の右側の部分)に差し込みやすくなる・・・という意味で、シュポシュポするポンピングが楽になったりはしません。

自転車・ロードバイク初心者ナビ
自転車・ロードバイク初心者ナビ 自転車・ロードバイク初心者ナビ

フロアポンプを買う時は、写真のような「エアーゲージ」が付いているものを買いましょう。
同じように空気圧計のついた形でマウンテンバイク用もありますが、高圧まで入れることができないので、間違わないようにしてください。

それから、もちろん、ホースの先のアダプターがタイヤチューブのバルブ形状に対応したものであるかをチェックしましょう。


続いてアダプターも見ていきましょう。

自転車・ロードバイク初心者ナビ 自転車・ロードバイク初心者ナビ
ロックされていない状態 ロック(固定)状態


アダプターは開閉できるレバーが付いています。
左がロックされていない状態で、レバーを引き起こした状態がロックされている状態です。

 

非常に圧力の高い状態でポンプを押しこむことになりますので、アダプターはバルブの頭をしっかりとくわえこんで固定された状態でエアーを入れることになります。そのため、スポーツ自転車用の空気入れにはこのような仕組みが備わっているのです。

予備知識はOKでしょうか!?

 

それでは実際の空気を入れる手順に移っていきます。

 

 

 

 

ロードバイクタイヤの空気の入れ方 (フロアポンプ)

■ これだけわかれば怖い物なし!

ロードバイクやクロスバイクのようなスポーツ自転車はタイヤの状態を感じることで、楽しさが広がっていきます。
空気の入れ方や管理は基本なので、・・・全然難しくないので、空気の入れ方について勉強してみましょう。

自転車・ロードバイク初心者ナビ  1 バルブの先を回して先端のネジ部が緩めてあるか確認

 

前ページのロードバイクのタイヤのチューブの特徴ページで詳細を見て、緩めておきましょう。


自転車・ロードバイク初心者ナビ

自転車・ロードバイク初心者ナビ
 

2 バルブの先端をポンプのアダプターに挿し込む

 

行きつくところまで挿し込んでください。

 

初めはおそるおそるになりますが、そのうち、「空気の入れられる状態」がどこまでなのかを覚えるので、先端を破損しない程度に挿し込んでみましょう。


自転車・ロードバイク初心者ナビ

自転車・ロードバイク初心者ナビ
 

3 レバーを引き起こして状態をロックする

 

バルブを差し込んだら、あわてずにレバーを引き起こします。
これにより、引っ張ってもバルブはアダプターから抜けなくなります。

通常、(左)下の写真のような感じとなり、ポンプ準備完了です。

 

写真はジャイアントの代表的なクロスバイク・エスケープのタイヤ例ですが、クリンチャータイヤはロードバイクと同じです。

自転車・ロードバイク初心者ナビ

自転車・ロードバイク初心者ナビ
 

4 ゲージを見ながらポンピング開始&停止

 

一般的に7ps~8psあたりが適量・適圧のスポーツ自転車のタイヤ。

 

このエアーの許容圧力はタイヤの側面に書かれているので、チャックしてみましょう。

 

(左上写真、まったく見えませんが、このへんに書いてあります^^)

そしてポンピング。
シュポシュポと空気を入れていきます。
高圧になるほど、手ごたえは硬くなるので、女性は特にしっかりとした高圧ポンプを購入しておいた方がいいと思います。


自転車・ロードバイク初心者ナビ

自転車・ロードバイク初心者ナビ
 

5 規定空気圧に達したら、バルブから外すために、まずレバーを戻す

 

このまま引っ張ってもロックがかかっているので、アダプターからバルブは抜けません。

 

タイヤにぶら下がった状態で、まず開いていたレバーを閉じるようにロックを解除しましょう。


自転車・ロードバイク初心者ナビ  

6 バシュッ!!という大きな音と共にバルブがアダプターから外れる

ちょっとイメージと違う写真なのですが、アダプターのこの辺を持って、少しずつグリグリと左右に動かしつつバルブから抜ける方向へ引くように力を加えていきましょう。

高圧のエアーが一瞬漏れる大音響と共にアダプターがバルブから外れます。


自転車・ロードバイク初心者ナビ

自転車・ロードバイク初心者ナビ

自転車・ロードバイク初心者ナビ

7 フレンチバルブの先端を根元まで回してエアー注入作業は終了

 

空気を入れたら忘れずにバルブの先端を回して固定しておきます。
この状態なら黒いキャップが無くてもエアーは漏れることはないのですが、もしあれば、先端を保護する意味でもキャップをつけておきましょう。

こうして、ロードバイクやクロスバイクなど、スポーツ自転車のタイヤの空気入れが完了しました。

エアーはタイヤの限界規定最高圧力近くまで入れて走行すると、地面からゴツゴツと硬い反応が伝わるのですが、漕ぎ出しやスピードに乗っている時などは、気持ちよく加速することができます。

逆に、少し低めの空気圧で走行した時は、地面の小さなデコボコも衝撃を和らげ、やわらかい感触で乗り出すことができます。

 

以上が多くのロードバイクやクロスバイクで採用されている「フレンチバルブチューブ」(仏式バルブチューブ)タイヤへの空気の入れ方です。まず、「どんなものか」わからないと一歩も前に踏み出すこができなくなりますよね。

 

引き続き、ロードバイク初心者が知りたいことや、すでに乗り出して気が付いた疑問などの参考になる情報を扱っていきたいと思います。スポーツ自転車に興味を持ったみなさん、一緒に走り出していきませんか?

 

 

 

 

結構使える自転車便利用品・アイテム・交換/改造パーツ

■ タイヤ・エアー関連アイテム

ミシュラン プロ4 サービスクルス 700C(622) フォルダブル 700×23C
ミシュラン プロ3レース 700x23c グレー
送料無料2本セット ミシュラン プロ3レース 700×23C
ミシュラン PRO3 Lite 700x23c ロードクリンチャータイヤ
送料無料 2本セット コンチネンタル グランプリ4000S 700×23C
SCHWALBE(シュワルベ) チューブ 700x18-28C 仏式バルブ 15SV
KENDA ウルトラ ライトチューブ 700×18-23C
Panaracer(パナレーサー) R-Airチューブ 700X18-23C ロングバルブ 48mm
Panaracer(パナレーサー) サイクルチューブ W/O 700x18~23C
自分でデキる!!ストリート流バイシクルカスタム完全ガイド
TOPEAK(トピーク) パンク修理キット フライペーパー グルーレス パッチキット
GIZA ギザ パンク 修理キット
BBB 接着剤不要のパンク修理キット
TOBE 自転車工具 パンク修理キット
ブリヂストン ベーシックタイプパンク修理セット

その他のロードバイク用フレンチバルブ(仏式)フロアポンプ・空気入れ検索&価格比較調査


 

【 サイクリングウェア-上半身+α 】 【 サイクリングウェア-下半身+α 】

 

 

 

この章では自転車初心者でも施したい改造・自分でできる自転車整備方法・手順を解説していきます。

■ 自転車・ロードバイク初心者もわかる整備・改造・メンテナンス方法・手順解説

 

ロードバイク初心者ナビ TOP
自転車・ロードバイク初心者もわかる整備・改造・メンテナンス方法・やり方解説 INDEX
ロードバイクのタイヤのチューブの特徴
フレンチバルブのロードバイクへの空気の入れ方
クイックリリース方式の前輪(フロントタイヤ)の着脱方法
クイックリリース後輪(リアタイヤ)の外し方
クイックリリース後輪(リアタイヤ)の取り付け方
ロードバイクのタイヤ交換の手順
ロードバイクのタイヤチューブ交換方法
携帯ポンプ・携帯エアーポンプ・携帯空気入れの使い方・コツ
おすすめ携帯ポンプ・パナレーサー ミニフロアポンプの使い方とその使用感
ステムの交換方法&角度調整
サドルの高さ、傾斜の調整・交換方法
キャットアイ ワイヤレスサイクルコンピュータ(サイコン)の取り付け方
キャットアイ(CAT EYE)ヘッドライトの取り付け方
ロードバイクのテールランプの取り付け方法
ロードバイクのハンドルの高さを変える方法
輪行バッグ(輪行袋)にロードバイクを入れるのに必要な事前準備 ~ エンド金具編 ~
輪行バッグ(輪行袋)にロードバイクを入れるのに必要な事前準備 ~ チェーンカバー編 ~
輪行できるロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) ~ 輪行バッグ オーストリッチ L-100 収納前編 ~
ロードバイクを輪行バッグ(輪行袋)に入れる手順 ~ 輪行バッグ オーストリッチ L-100 使用解説編 ~
輪行バッグ オーストリッチ L-100 しまい方編 ~

 

ロードバイクタイヤ&仏式チューブ解説 ←  | ロードバイク初心者ナビ TOP |  → ロードバイクのフロントタイヤ着脱方法

| TOP | 自転車入門知識 | 初心者ロードバイク | メンテナンス・改造手順 | 自転車体験談・経験談 | ロードバイクアイテム |

ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者ナビ


ロードバイクナビ メニュー


自転車 メンテナンス・改造手順


デスクトップ的リンク

趣味の初心者支援サイト
クロスバイク初心者ナビ

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
SPECIAL LINKS
サイクリングナビ
ロードバイクの教科書
ロードバイクオールカタログ 2013
ロードバイクインプレッション 2013
ぜんぶわかる!自転車メンテナンス
ロードバイク定番トラブル解決BOOK
初心者のためのロードバイク&クロスバイクメンテナンスBOOK
ロードバイク「規格」便利帳

初心者ナビ ってどんなサイト?
当サイトはクロスバイク初心者ナビとの情報共有型スピンオフナビサイトという独特のサイト形式でロードバイク初心者向けに構成されています。

ロードバイクやクロスバイクに興味を持った方で、もう少しロードバイクを調べてみたい方や、クロスバイクからロードバイクを検討しているロードバイク初心者の方に近い視点で編集しています。
ロードバイクについて
当サイトの「ロードバイク」の焦点の当て方は、主要自転車メーカーの全車種の中から「価格」「タイヤサイズ」「車体重量」「フレーム素材」等を勘案し、ロードバイクを初めて買う「初心者~中級者」が選びやすいものをピックアップして紹介しています。

ソロキャンプ準備帳