ロードバイクの携帯ポンプ・携帯空気入れ(エアーポンプ)の使い方 - ロードバイク初心者ナビ -

自転車・ロードバイク初心者ナビ

 

クロスバイクのタイヤに携帯ポンプでエアーを入れる

■ サイクリング先でパンクをした時に空気を入れられるように使い方を覚えましょう

 

ロードバイクのタイヤは数年間パンクしないママチャリのタイヤと違い、細くて高圧なタイヤなため、少しの段差でも衝撃が大きく、パンクしやすいタイヤです。

 

長距離走行に適したロードバイクなので、いつどこでパンクをしても対応できるように、予備のタイヤチューブと携帯できるエアーポンプを携行し、安心してサイクリングを楽しめる準備をして自転車生活を伸び伸び送りましょう♪

 

 

 

 

携帯ポンプ・携帯空気入れ(エアーポンプ)の特徴・選び方のコツ

■ 評判の良い空気入れはどうして人気があるか・・・それは「とても使えるから」です。

ロードバイク初心者が入手してほしい携帯ポンプのポイントは、材質や軽さではなく、大きな力を込めずにある程度空気を入れることのできるポンプかどうか♪です。軽量か否かというのは、中級レベルの2本目の選考基準。

これから長い間買い換えることのない初心者のメインポンプは、下手にケチらないで、評判の良い定番的なエアーポンプをGETすることをおすすめしたいと思います。

ミニロケット iグロウ
マイクロ ロケット AL マスターブラスター
ポケット ロケット DX II マスターブラスター
ポケット ロケット マスターブラスター
ロード モーフ
本体価格¥3,000
最大160psiまで充填可能
本体価格¥2,800
最大160psiまで充填可能
本体価格¥3,200
最大160psiまで充填可能
本体価格¥1,900
最大160psiまで充填可能
本体価格¥3,800
最大160psiまで充填可能

携帯ポンプの最大手はトピーク(TOPEAK)という台湾のサイクリングパーツメーカーで、ツーリング系の自転車アイテムのラインナップはとても充実しています。

携帯ポンプで空気を入れる時、多くの空気入れは「腕力だけ」で空気をチューブに送り込む形となるので、その際に腕力が先に限界に達してしまえば走行に耐えるほどしっかりと空気を補填することができません。

腕力がないと十分に空気を入れることのできないエアーポンプを緊急事態の時のために毎日持ち歩いても意味がありません。買い換えの必要のないアイテムなので、最初の1本は必要な時・肝心な時に役に立つエアーポンプを確実に買った方が正解なのです。

それでは、携帯ポンプの基本的な使い方について解説していきます。

 

 

 

 

携帯ポンプ・携帯空気入れ(エアーポンプ)の特徴・選び方のコツ

■ 腕力のない人が空気を入れにくいという理由は携帯ポンプの使用方法にあります。

写真を見て使い方を学んでいきましょう。
一見、何でもアリの最強ポンプのようですが、万能タイプなだけで、高圧域でのポンピングはかなりの力が必要で、男性が顔を真っ赤に一生懸命力んでも実質6気圧位までしか注入できず、初心者ナビの主人公さん、密かにちょっと失敗してしまった携帯ポンプです。


携帯ポンプの使い方
 

★ こちらが携帯型エアーポンプ(例)

 

個々の空気入れによって違いはありますが、写真のエアーポンプはエアーゲージ付・高圧空気量切り替え型・仏米バルブ対応の携帯ポンプです。

 

GIANT純正の商品なので、あまり見かけることもないと思いますが、自転車王国である台湾製でも性能的には他にもっと良い物があります。ブランドの統一感にこだわりすぎるのはやめましょう。

ロードバイクはずっと乗るのだから、自分のロードバイク専用のエアーポンプを買えばいいので、ブランドより評判のいい定番ポンプを最初から買っておけば良かったと密かに後悔。これから買う自転車初心者のみなさんは他人とダブっても素直にみんなが使ってる評価の高いエアーポンプを一発でGETしてください。

それでは携帯エアーポンプの使い方を解説します。

 

■ タイヤチューブのバルブを開く

 

フロアポンプでの空気入れ同様、チューブのバルブを開きます。


携帯ポンプの使い方
 

1 タイヤチューブのバルブを開きます。

 

仏式バルブの空気の入れ方同様にタイヤチューブのバルブを開きます。

■ ぐっと押し込み、ロックをする

携帯ポンプの仏式の穴にタイヤチューブのバルブを差し込み、ロックします。


携帯ポンプの使い方

携帯ポンプの使い方
 

2 レバーを引き起こし、固定します。

基本的にはフロアポンプでの空気の入れ方と同じですが、タイヤのチューブバルブを携帯ポンプの穴に差し入れて押し込んだ後、固定用のレバーを引き起こしてロックをかけます

■ バルブ付近を握りながら両腕の力だけでポンピングをする

空気入れの性能の違いが作業の決定的な差であることを思い知らされることでしょう♪
体重をかけてポンピングをするフロアポンプと違い、携帯ポンプでは一般的に胸筋を鍛えるような体勢で空気を入れなくてはならず、腕力や胸筋力勝負になってしまうのです。


携帯ポンプの使い方

携帯ポンプの使い方

携帯ポンプの使い方
 

3 ポンピングで空気を注入する

 携帯ポンプで空気を入れるのが一番大変な理由はこの注入方法にあります。

 

タイヤを挟む形でチューブのバルブ付近を握りながら左右から何度もポンピングを繰り返して空気を入れます。

注意:左上の写真は撮影のため「手」が足りなかっただけ!!両手でがっしり抱え込む形でシュポシュポポンプを伸縮させます!写真のように注入するわけではありません。

このエアーポンプにはV=ボリューム/P=プレッシャーの切り替えスイッチがあり、Vは空気量を多く吹き込むモードで、チューブ内に空気が満たされたらPに切り替えをスライドさせ、小刻みに少量ずつ少ない力で空気を細々入れる動作に切り替えることができます。


なお、このポンプのように、エアーゲージが付いているポンプであれば、どれくらいの量が入ったか目安になるので、ある程度入ったらポンピング作業を終了しましょう。

 

■ ロックを解除し携帯ポンプをチューブのバルブから抜く

 

大変な思いをしながらも空気を入れる作業は終了です。

 

携帯ポンプの使い方

携帯ポンプの使い方
 

4 レバーを倒し、エアーポンプをチューブから離します。

固定レバーを倒し、ロックを解除、バルブから分離します。

 

フロアポンプでの空気入れ同様、固定していたレバーを倒した後、エアーポンプをバルブから引き抜きます。この際にバシュッと大きな音と共に空気が一瞬漏れますが、極めて普通の事なので大丈夫です。

 

■ タイヤチューブのバルブを閉じる

 

フロアポンプでの空気入れと同じく、バルブを閉じるのを忘れないようにしましょう。

 

携帯ポンプの使い方  

5 チューブのバルブを閉じる

せっかく入れた空気を漏らさないように、忘れずにバルブを閉じておきましょう。

 

★明日は筋肉痛かもしれませんね^^
以上で携帯ポンプの基本的な使用方法の解説は終了です。


携帯ポンプは非常用の意味合いが強いので、現場での応急処置を終え、帰宅したらフロアポンプで適正空気圧までエアーを再注入しておきましょう。

 

パナレーサー ミニフロアポンプ

後日・・・やっぱり買い換えました♪

旅先で雨に打たれながらパンクをしたタイヤのチューブ交換。
ところが、米式の穴から空気が出るものの、仏式の穴から空気が流れず、いつでも持ち運びをして準備OKだと思っていたのにもかかわらず使い物になりませんでした・・・。

 

そこでホームセンターで1890円で入手したこちらのミニフロアポンプ。
携帯もそれまでのポンプ同様、フレームに付けられ、フロアポンプと同様に使えるので、高圧まで全然楽勝。
あーあ、、最初からこういうの買っておけばよかった・・・。

パナレーサー ミニフロアポンプ検索&価格比較調査

その他の携帯ポンプ・ポータブルポンプの検索&価格比較調査

 

 

【 サイクリングウェア-上半身+α 】 【 サイクリングウェア-下半身+α 】

 

 

 

この章では自転車初心者でも施したい改造・自分でできる自転車整備方法・手順を解説していきます。

■ 自転車・ロードバイク初心者もわかる整備・改造・メンテナンス方法・手順解説

 

自転車・ロードバイク初心者もわかる整備・改造・メンテナンス方法・やり方解説 INDEX
ロードバイクのタイヤのチューブの特徴
フレンチバルブのロードバイクへの空気の入れ方
クイックリリース方式の前輪(フロントタイヤ)の着脱方法
クイックリリース後輪(リアタイヤ)の外し方
クイックリリース後輪(リアタイヤ)の取り付け方
ロードバイクのタイヤ交換の手順
携帯ポンプ・携帯空気入れの使い方・コツ
おすすめ携帯ポンプ・パナレーサー ミニフロアポンプの使い方とその使用感
ステムの交換方法&角度調整
サドルの高さ、傾斜の調整・交換方法
キャットアイ ワイヤレスサイクルコンピュータ(サイコン)の取り付け方
キャットアイ(CAT EYE)ヘッドライトの取り付け方
ロードバイクのテールランプの取り付け方法
ロードバイクのハンドルの高さを変える方法
輪行バッグ(輪行袋)にロードバイクを入れるのに必要な事前準備 ~ エンド金具編 ~
輪行バッグ(輪行袋)にロードバイクを入れるのに必要な事前準備 ~ チェーンカバー編 ~
輪行できるロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) ~ 輪行バッグ オーストリッチ L-100 収納前編 ~
ロードバイクを輪行バッグ(輪行袋)に入れる手順 ~ 輪行バッグ オーストリッチ L-100 使用解説編 ~
輪行バッグ オーストリッチ L-100 しまい方編 ~

 

ロードバイクのチューブ交換手順 ←  | ロードバイク初心者ナビ TOP |  → パナレーサー ミニフロアポンプ解説

| TOP | 自転車入門知識 | 初心者ロードバイク | メンテナンス・改造手順 | 自転車体験談・経験談 | ロードバイクアイテム |

ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者ナビ


ロードバイクナビ メニュー


自転車 メンテナンス・改造手順


デスクトップ的リンク

趣味の初心者支援サイト
クロスバイク初心者ナビ

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
SPECIAL LINKS
サイクリングナビ
ロードバイクの教科書
ロードバイクオールカタログ 2013
ロードバイクインプレッション 2013
ぜんぶわかる!自転車メンテナンス
ロードバイク定番トラブル解決BOOK
初心者のためのロードバイク&クロスバイクメンテナンスBOOK
ロードバイク「規格」便利帳

初心者ナビ ってどんなサイト?
当サイトはクロスバイク初心者ナビとの情報共有型スピンオフナビサイトという独特のサイト形式でロードバイク初心者向けに構成されています。

ロードバイクやクロスバイクに興味を持った方で、もう少しロードバイクを調べてみたい方や、クロスバイクからロードバイクを検討しているロードバイク初心者の方に近い視点で編集しています。
ロードバイクについて
当サイトの「ロードバイク」の焦点の当て方は、主要自転車メーカーの全車種の中から「価格」「タイヤサイズ」「車体重量」「フレーム素材」等を勘案し、ロードバイクを初めて買う「初心者~中級者」が選びやすいものをピックアップして紹介しています。

ソロキャンプ準備帳