自転車を輪行袋に入れる手順 ~ 輪行バッグ オーストリッチ L-100 使用解説 ~ - ロードバイク初心者ナビ -

自転車・ロードバイク初心者ナビ

 

スポーツバイクを輪行バッグ(輪行袋)に入れる手順 ~ 輪行バッグ オーストリッチ L-100 使用解説編 ~

■ クロスバイクの代表的輪行バッグ(輪行袋)・オーストリッチの輪行袋「L-100」

 

『電車で降りた先から自転車で走れたらいいなぁ~~』
そういう想いから「輪行」について調べ始めた初心者ナビの主人公さん。

 

あれこれ調べた結果、輪行可能状態への準備として「エンド金具」と「チェーンカバー」の準備を進めていました。

イマイチどれを買ったらいいかわからなかった輪行バッグ(輪行袋)ですが、いろいろ調べてみてオーストリッチのL-100という、コンパクトに携行できる輪行バッグ(輪行袋)を買ってみたようです。さて、上手に自転車を収納する事ができるでしょうか?

クロスバイクの収納例ですが、「オーストリッチ L-100 輪行袋超軽量型」の使い方を見て行きましょう♪

 

 

 

 

オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型

■ とってもコンパクトな輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行袋超軽量型を展開してみましょう

 

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方
ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

 

収納・携帯や携行性が抜群のオーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型
展開していくと袋の底部に自転車の収納のためのガイドになる位置を決めるための図が描かれています。

 

 

 

 

スポーツバイクをオーストリッチ L-100 輪行袋超軽量型に入れる手順 ~ 使用解説編 ~

■ L-100の底部に描かれた位置決めのガイド

 

輪行バッグ(輪行袋)L-100に収める際には、車体はひっくり返した状態になります。別売りにも関わらず、底に描かれた位置ガイドにはエンド金具が使われている様子が見て取れます。うん、買っておいて正解だったな~。。。

 

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

 

 

■ 輪行バッグ(輪行袋)L-100にはこのような形で入れることになります

 

予習と言うか、最初にこんな写真を見て状況を把握しておくと、「自転車、、どうやって入れるんだろう?」状態が解消されませんか?^^

 

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

 

 

■ タイヤを外して各所にカバー・エンド金具を付けておく

 

前のページ・輪行バッグ オーストリッチ L-100 収納前編ではここまでの解説でした。

 

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

★ これから輪行バッグ(輪行袋)にクロスバイクを収めていきます

 

無くなったり壊れたりしてしまうものは外しておきましょう。
この時はサドルは低くしておきましたが、下げなくても収納できます。

 

初心者ナビの主人公さんのクロスバイクは2010年エスケープR2。160-175cmm向けのSサイズの465mmフレーム。
サイドスタンド装着状態、ペダルもそのまま装着、パナレーサーのミニフロアポンプと、ワイヤーロックも取り付けたまま輪行バッグ(輪行袋)に収納です。


では、入れ始めましょう!

 

■ フロントタイヤ、リアタイヤをフレ-ムを3本の中締めベルトで一緒に固定する

 

フレーム固定用のバンドは下の写真のバンドで、輪行バッグ(輪行袋)L-100に3本付属しています。
輪行バッグ(輪行袋)にはペダルを外さなくても収納できるので、車体をひっくり返した状態でフレームの両サイドにタイヤを備えてバンドで固定しましょう。
この時の注意点ですが、ペダルの位置はフレームに沿って、地面に対して水平になる場所でタイヤで挟んでおきましょう。(写真例は失敗 ^^;)

 

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

★ 輪行バッグ(輪行袋)の固定ベルト(バンド)の位置は厳密ではなくても良い

 

← 古代壁画のような取扱説明書のバンド固定の参考位置図。^^

主人公さんは、一生懸命に「どこかな?ここかな?」とやっていましたが、3か所効果的に固定できればこだわる意味は全然ありません。^^


ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

 

3本軽くくくりつけたら、少しずつバンドを締めて均等に車体とタイヤをくっつけていきましょう。

 

■ 動かなければいいんです。。。

 

最初の最初のトライだったので、「2重にした方がいいのかな~?」とも思いましたが、3か所でしっかり固定できればOKです。
電車内で輪行バッグ(輪行袋)を数時間持ち上げて持ち歩くわけではないので、2回目、3回目からは要領よく、手際良くできそうですよね♪


ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

 

写真のタイヤ、ヘタくそで広がってますね。 ^^;
ペダルの位置は上の方にはみ出して飛び出ちゃってるし、タイヤは広がってるし。


海賊の宝の地図のような輪行バッグの取扱説明メモを見ながら、完成の形すら知らないままやっているのだから、いーのいーの♪

練習練習。。。

 

■ フレームを持ち上げる+肩にかけるベルトをフレームに結着します

 

肩掛け用のショルダーベルトですが・・・、
フレームに結着し、輪行袋L-100の内側から袋にある小窓を通して外に出し、輪行バッグ(輪行袋)を半周する形で「取っ手」と化します


場所としては「ショルダーベルトの一方をチェーンステーに取り付け、もう一方を輪行バッグ(輪行袋)の小窓から出し、ヘッドチューブに取り付けます」と、説明書では書かれています。「・・・・・うん、輪行バッグ、作ってくれてありがとう!あとはこっちで何とかするね!」という気分でいきましょう♪

 

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

★ ショルダーベルトをフレームにくくりつける

 

写真は2本ではなく、ベルトの両端です。
壁画メモ(取扱説明書)の「矢印」がショルダーベルト。

 

結んだあと、輪行バッグ(輪行袋)の中から外の小窓を通して外に出て、外側からトップチューブ(フロントフォークの付け根あたり)のフレームに固定することになるので、そのへんを考慮してポジションを決めてしまいましょう。

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方
ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

★ ショルダーベルトを外に出す小窓はこちら

 

輪行バッグ(輪行袋)の右後方から出てくるんですね。
・・・ってことは、左腕を通して身体の左に抱えるってことか~。。。


んーー、まてまて、持つ時に別にフォーク側が前じゃなくてもいいんだよねぇ。。

・・・・ってことは、バランス的に~~~・・・などなど、いろいろ考えながら結着位置は試行錯誤してください。

 

 

■ ショルダーベルトを小窓から出します

 

輪行バッグ(輪行袋)L-100の内側から輪行バッグ(輪行袋)の小窓からショルダーベルトを通します。


ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

 

ようするに、↑下段の写真のように、タイヤとフレームを一体化させて、フレームにショルダーベルトの一方をくくりつけて輪行バッグ(輪行袋)の内側の小窓から一方を通すカタチにしていたということです。

 

■ 自転車に L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型をかぶせる

 

相変わらずフレームとタイヤ、3本ベルトで締め込んでいない写真なのですが 、ゴールはもうすぐ!


ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方
ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

 

輪行バッグ(輪行袋)L-100で自転車を包み込む時には、フレームを掴んで持ち上げながら輪行バッグをかぶせてあげます。
フレームとタイヤの結着位置が良ければ「自立」してくれますが、基本、「底」まで「袋」であって、「底板の入った平らな底」ではないので、『倒れる物』と思って取り扱った方がいいでしょう。

 

■ スポーツバイクのフロントフォークL-100 輪行バッグ(輪行袋)で包み込みましょう

 

さあ、もうすぐ収納完了です。
ハンドルの切り方が右か左かによって、フロントフォークの反り具合がありますので、輪行バッグを左手で抱えやすい方向があったりします。


ロードバイクのドロップハンドルの場合でも・・・普通に入ると思いませんか?^^
研究してみてください。

 

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方
ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方
ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

一応、フロントの先端まですっぽりカバーできるようですね♪

 

■ 輪行バッグ(輪行袋)の外に出していたショルダーベルトの一端をトップチューブに結着する

 

ショルダーベルト=肩掛け用の持ち手になります。
身体に沿って持ち歩くことになるので、宙ぶらりんにすることはないのですが、一番バランスの良い場所を見つけて縛りましょう。

 

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

 

 

■ L-100 輪行袋超軽量型を閉じる

 

輪行バッグL-100のクチは巾着状になっています。先ほどのショルダーベルトは閉じたクチの隙間からトップチューブをつかむ形になります。 これで、無事に「手荷物」になりましたね。

 

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

 

バランス的に支障は無いか、ロードバイクを入れた輪行バッグを持ち運ぶ練習もチラッとしておいた方がいいでしょう。

 

■ ツノ出しバージョンと隠しちゃうバージョン

 

イビツな形の棒(フレーム)を輪行バッグで覆っている状態なので、全部覆うと輪行バッグを抱えた時に突っ張ってしまう場所が出てくると思います。

そんな時は輪行バッグ(輪行袋)で無理にフォークまで覆わなくてもOKです。


ウミウシやカタツムリっぽい(笑)のですが、フォークだけ出してニョキっと出して移動した方が持ち運びしやすいかもしれません。

 

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方 ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

 

 

 

 

輪行バッグ(輪行袋)を手に入れてロードバイクやクロスバイクで旅をしましょう♪

■ 最低限必要な物、一度揃えたらいつでもどこへでも。

 

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

さあ、これで、どこにでも行けるようになりました♪
しょっちゅうはできなくても、月に1度、2~3カ月に1度、日の出と共にロードバイクやクロスバイクを持って電車に乗り込み、車やタクシーでは止まることも無かったローカルな町並みを走り出していきませんか♪

 

チューブ一本とデジタルカメラ。
綺麗な空気と、緑の世界。
青い空と青い海。

 

あなた次第で広がる自転車の楽しみ方。。。
ステキな世界が待っています。

 

 

 

これまで準備した自転車輪行アクセサリー

■ 主人公さん、ネットで全部一緒に買いました♪

 

ロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の使い方

 

オーストリッチ エンド金具 フロント用
オーストリッチ エンド金具 リア用
オーストリッチ フリーカバー ロード用
オーストリッチL−100輪行袋 超軽量型
TIOGA スーパーライトコクーン 輪行袋
オーストリッチチェーンカバー
MARUTO RS-C750 チェーンカバー 大久保製作所
オーストリッチ チェーンジャケット
(ホワイトライトニング) チェーンジョニー TOS09300
オーストリッチ フリーカバー ロード用

 

★オーストリッチ L-100 輪行バッグ(輪行袋)超軽量型の価格研究・価格比較をしてみました★
★オーストリッチ フリーカバー(ロード用)の価格研究・価格比較をしてみました★
★オーストリッチ チェーンカバーの価格研究・価格比較をしてみました★
★オーストリッチ エンド金具 -リア- の価格研究・価格比較をしてみました★
★オーストリッチ エンド金具 -フロント- の価格研究・価格比較をしてみました★

 

わかりやすい解説のために、ページを分けて構成していきます。気軽に調べてロードバイク生活をもっと楽しんでいきましょう♪

 

 

【 サイクリングウェア-上半身+α 】 【 サイクリングウェア-下半身+α 】

 

 

 

この章では自転車初心者でも施したい改造・自分でできる自転車整備方法・手順を解説していきます。

■ 自転車・ロードバイク初心者もわかる整備・改造・メンテナンス方法・手順解説

 

ロードバイク初心者ナビ TOP
自転車・ロードバイク初心者もわかる整備・改造・メンテナンス方法・やり方解説 INDEX
ロードバイクのタイヤのチューブの特徴
フレンチバルブのロードバイクへの空気の入れ方
クイックリリース方式の前輪(フロントタイヤ)の着脱方法
クイックリリース後輪(リアタイヤ)の外し方
クイックリリース後輪(リアタイヤ)の取り付け方
ロードバイクのタイヤ交換の手順
ロードバイクのタイヤチューブ交換方法
携帯ポンプ・携帯エアーポンプ・携帯空気入れの使い方・コツ
おすすめ携帯ポンプ・パナレーサー ミニフロアポンプの使い方とその使用感
ステムの交換方法&角度調整
サドルの高さ、傾斜の調整・交換方法
キャットアイ ワイヤレスサイクルコンピュータ(サイコン)の取り付け方
キャットアイ(CAT EYE)ヘッドライトの取り付け方
ロードバイクのテールランプの取り付け方法
ロードバイクのハンドルの高さを変える方法
輪行バッグ(輪行袋)にロードバイクを入れるのに必要な事前準備 ~ エンド金具編 ~
輪行バッグ(輪行袋)にロードバイクを入れるのに必要な事前準備 ~ チェーンカバー編 ~
輪行できるロードバイクの輪行バッグ(輪行袋) ~ 輪行バッグ オーストリッチ L-100 収納前編 ~
ロードバイクを輪行バッグ(輪行袋)に入れる手順 ~ 輪行バッグ オーストリッチ L-100 使用解説編 ~
輪行バッグ オーストリッチ L-100 しまい方編 ~

 

輪行バッグに自転車を入れる準備 ←  | ロードバイク初心者ナビ TOP |  → 輪行バッグ L-100 のしまい方

| TOP | 自転車入門知識 | 初心者ロードバイク | メンテナンス・改造手順 | 自転車体験談・経験談 | ロードバイクアイテム |

ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者ナビ


ロードバイクナビ メニュー


自転車 メンテナンス・改造手順


デスクトップ的リンク

趣味の初心者支援サイト
クロスバイク初心者ナビ

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
SPECIAL LINKS
サイクリングナビ
ロードバイクの教科書
ロードバイクオールカタログ 2013
ロードバイクインプレッション 2013
ぜんぶわかる!自転車メンテナンス
ロードバイク定番トラブル解決BOOK
初心者のためのロードバイク&クロスバイクメンテナンスBOOK
ロードバイク「規格」便利帳

初心者ナビ ってどんなサイト?
当サイトはクロスバイク初心者ナビとの情報共有型スピンオフナビサイトという独特のサイト形式でロードバイク初心者向けに構成されています。

ロードバイクやクロスバイクに興味を持った方で、もう少しロードバイクを調べてみたい方や、クロスバイクからロードバイクを検討しているロードバイク初心者の方に近い視点で編集しています。
ロードバイクについて
当サイトの「ロードバイク」の焦点の当て方は、主要自転車メーカーの全車種の中から「価格」「タイヤサイズ」「車体重量」「フレーム素材」等を勘案し、ロードバイクを初めて買う「初心者~中級者」が選びやすいものをピックアップして紹介しています。

ソロキャンプ準備帳