長距離を楽しく走り抜ける自転車・ロードバイク用品パーツ - 携帯ポンプ(空気入れ) -

自転車・ロードバイク初心者ナビ 自転車用品・パーツ・アイテム

 

長距離を楽しく走り抜ける自転車・ロードバイク用品パーツ ~携帯ポンプ(空気入れ)~

■ 長距離を楽しくする 楽にする 走りたくなるロードバイクアイテム&パーツ!

携帯ポンプ・モバイルエアーポンプ・携帯型空気入れ
フロアポンプ型携帯ポンプ

TOTEAK トピーク ミニモーフ
TOTEAK トピーク ロードモーフ

TOTEAK トピーク ロードモーフ G インラインゲージ

TOTEAK トピーク ターボモーフG Turbo Morph G, w/dial gauge TTM-DG
TOTEAK トピーク メガ モーフ フロアポンプ ブラック

★トピーク モーフタイプ(フロアポンプ型携帯ポンプ) 最安値を直接検索★

パナレーサー(Panaracer) ミニフロアポンプ BFP-AMAS1
GIYO マイクロフロアポンプ IN-LINEゲージ付 GM-71
エヴァディオ ハンディーポンプ フロア ミニ
 
 
 
 

【 ロードバイク初心者ナビの初心者アドバイス 】

「○○モーフ」というシリーズは『トピーク』の携行型フロアポンプのシリーズ名。現場でも地面に据え置いて体重をかけてピストンする事ができるので、楽に確実に高圧の空気を入れる事ができるので、フロアポンプ型のモバイルポンプはおすすめの携帯ポンプです。


 

筒型携帯ポンプ

TOPEAK(トピーク) ポケットロケットマスターブラスター PPM046/TPMB-1
TOPEAK(トピーク) ミニマスターブラスターDX(ゲージ付) PPM044/TMD-2G
topeak(トピーク) マイクロロケット ALT マスターブラスター PPM063
 
 
 
 

★筒型携帯ポンプ 最安値を直接検索★

【 ロードバイク初心者ナビの初心者アドバイス 】

携帯型のエアーポンプとしては一般的なタイプで、ロードバイクのフレームに車載することができ、走行中も支障はありません。大小さまざまなサイズがありますが、コンパクトで注入性能が良いポンプは価格もそれなりにします。でも、一本しっかりとしたモバイルポンプを手に入れれば、買い替えることのない性質の自転車アイテムなので、ミニタイプのエアーポンプは高い買い物ではないでしょう。


 

カートリッジ式・空気ボンベ式 携帯ポンプ

SKS 携帯ポンプ エアチャンププロ
SKS エスケーエス CO2CARTRIDGE SET airgun CO2カートリッジ(2本セット)
TOPEAK(トピーク) ミニ ポンプワンタイマー CO2 カートリッジ
TOPEAK(トピーク) CO2-Bra Race Pod ネオプレーン
TOPEAK(トピーク) CO2-BRA CO2 Inflator ミニカートリッジインフレーター
TOPEAK(トピーク) CO2 カートリッジ 5本セット 16g ネジ付
TOPEAK(トピーク) CO2 カートリッジ 2本セット 16g ネジ付
 
 
 
 
 
 

【 ロードバイク初心者ナビの初心者アドバイス 】

空気ボンベカートリッジを使用した自動注入タイプの空気入れもあります。これだと、数秒でチューブは7気圧を超えてなお、注入が止まることもない状態となります。最悪、チューブやタイヤをバースト(破裂)させてしまうこともあるので、慣れが必要です。


 

携帯エアーゲージ

パナレーサー(Panaracer) デュアルヘッド・デジタルゲージ
topeak(トピーク) SmartGauge D2 (スマートゲージ D2)
GIYO GG-05 TIRE AIR GAUGE-TWIN VALVE
パナレーサー(Panaracer) タイヤゲージ 仏式バルブ専用 BTG-F
Michelin ミシュラン タイヤゲージ MN-12279

【 ロードバイク初心者ナビの初心者アドバイス 】

据え置き型のフロアポンプと違い、携帯できるモバイルポンプには空気圧を量るゲージがついていないエアーポンプも多い。ロードバイクのタイヤは空気圧が多すぎても少なすぎても乗り心地やパンクの危険性に直結する高圧タイヤなので、出先でチューブを使い切ってしまった時はエアーゲージで適正量量った方がいいかもしれません。


商品によっては売り切れた際に入荷しないものもあると思いますので、コレ、いいな!!と感じるものがあれば思い切って入手しましょう。

◆ 定番パーツや消耗品は家電製品や自動車と違い、何年待ってもほとんど価格は変わりません。
普段利用する使いやすいネットショップや、価格や送料など比較・検討して、早い時期から思い切って導入し、その後の乗り心地の良い状態を長く楽しんでいく方が、考えて悩んで買わない時間より有意義なロードバイク生活になりますよ♪

 

 

ロードバイク初心者ナビ・日常生活を楽しむ生活向上キーアイテムヒント
ロードバイク初心者ナビ・たくさん走って部屋でくつろぐ。日常生活を充実させる物欲アイテム

プロが教えるデジタル一眼カメラのすべてがわかる本
ニコン D5200 18-55VR レンズキット
Canon EOS Kiss X6i EF-S18-55 IS II レンズキット
オリンパス デジタル一眼カメラ「E-PM2」レンズキット
ベルボン 三脚 EX-440
デジタルカメラfor Beginners
シンクタンクフォト レトロスペクティブ7 ショルダーバッグ型カメラバッグ
バンガード アウトローズ ズームバッグ カメラバッグ 一眼レフ Outlawz 16Z
SDケース 6枚収納 アルミケース 大容量 マイクロSD収納トレー付 メディアケース
ナカバヤシ イージーストッカーMP(厚型) ブラック

 

 

 

この章は自転車のパーツ類やメンテナンス道具を扱うパーツ検索ショップページです。

■ ロードバイク・自転車用品・パーツラインナップ INDEX

 

ロードバイク初心者ナビ TOP
ロードバイク・自転車用品・パーツラインナップ INDEX
走りを軽くする・楽に改善する自転車・ロードバイク用品パーツ ⇒ タイヤ 1
走りを軽くする・楽に改善する自転車・ロードバイク用品パーツ ⇒ タイヤ 2
走りを軽くする・楽に改善する自転車・ロードバイク用品パーツ ⇒ チューブ・リムテープ
走りを軽くする・楽に改善する自転車・ロードバイク用品パーツ ⇒ サドル・サドルカバー
走りを軽くする・楽に改善する自転車・ロードバイク用品パーツ ⇒ ノーマル・オーバーサイズ可変ステム
長距離を楽しく走り抜ける自転車・ロードバイク用品パーツ ⇒ サイクルコンピュータ・スピードメーター・速度・距離計
長距離を楽しく走り抜ける自転車・ロードバイク用品パーツ⇒ ボトルケージ・ドリンクホルダー・ツールボトル
長距離を楽しく走り抜ける自転車・ロードバイク用品パーツ⇒ ドリンクボトル
長距離を楽しく走り抜ける自転車・ロードバイク用品パーツ⇒ 携帯ポンプ・携帯空気入れ
長距離を楽しく走り抜ける自転車・ロードバイク用品パーツ⇒ 輪行バッグ・輪行袋・輪行用品 
長距離を楽しく走り抜ける自転車・ロードバイク用品パーツ⇒ サイクリングバッグ・ワンショルダー・メッセンジャーバッグ
長距離を楽しく走り抜ける自転車・ロードバイク用品パーツ⇒ ロードバイク用サイクリングヘルメット
自転車走行・サイクリング必携用品 ⇒ LEDライト・ヘッドライト(前照灯)・テールライト(尾灯)
自転車走行・サイクリング必携用品 ⇒ ロック・鍵・カギ・裾止めバンド・ベル
メンテナンス・改造工具・整備用品 ⇒ サイド・センター・メンテナンススタンド・ディスプレイスタンド
メンテナンス・改造工具・整備用品 ⇒ ロードバイク用フレンチバルブ(仏式)フロアポンプ・空気入れ・整備ツール
その他の快適自転車ライフ・サイクリンググッズ ⇒ サイクリングウェア・アイウェア(スポーツグラス)
2台目(セカンドバイク)は小型(ミニベロ・折り畳み自転車)で行こう!

 

 

 

自転車パーツ検索 ドリンクボトル ←  | ロードバイク初心者ナビ TOP |  → 自転車パーツ検索 輪行バッグ

| TOP | 自転車入門知識 | 初心者ロードバイク | メンテナンス・改造手順 | 自転車体験談・経験談 | ロードバイクアイテム |

ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者ナビ


ロードバイクナビ メニュー


自転車用品・パーツ・アイテム


デスクトップ的リンク

趣味の初心者支援サイト
クロスバイク初心者ナビ

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
SPECIAL LINKS
サイクリングナビ
ロードバイクの教科書
ロードバイクオールカタログ 2013
ロードバイクインプレッション 2013
ぜんぶわかる!自転車メンテナンス
ロードバイク定番トラブル解決BOOK
初心者のためのロードバイク&クロスバイクメンテナンスBOOK
ロードバイク「規格」便利帳

サイクリングアイテムサーチ

スポンサードリンク
初心者ナビ ってどんなサイト?
当サイトはクロスバイク初心者ナビとの情報共有型スピンオフナビサイトという独特のサイト形式でロードバイク初心者向けに構成されています。

ロードバイクやクロスバイクに興味を持った方で、もう少しロードバイクを調べてみたい方や、クロスバイクからロードバイクを検討しているロードバイク初心者の方に近い視点で編集しています。
ロードバイクについて
当サイトの「ロードバイク」の焦点の当て方は、主要自転車メーカーの全車種の中から「価格」「タイヤサイズ」「車体重量」「フレーム素材」等を勘案し、ロードバイクを初めて買う「初心者~中級者」が選びやすいものをピックアップして紹介しています。

ソロキャンプ準備帳